制度(住宅取得等資金贈与)の適用条件(人の条件) - 確定申告 - 専門家プロファイル

NICECHOICE 佐藤税理士事務所 
東京都
税理士
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

制度(住宅取得等資金贈与)の適用条件(人の条件)

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
平成20年 確定申告特集 相続時精算課税制度
平成20年の確定申告の時期となりました。所得税の確定申告は平成21年2月16日から3月16日までになります。還付申告については、2月15日以前でも提出することができます。贈与税の確定申告については、平成21年2月2日から3月16日までとなります。

平成20年用の住宅購入・売却の確定申告に関する情報を少しずつ紹介していきます。

親の年齢要件はなくなりますが、細かな制限があります。



相続時精算課税制度の特例である住宅取得資金贈与の適用を受ける場合には、特例の条件を満たしている必要があります。

今回はその条件のうち、「人」に関する条件について紹介します。

まずは、贈与をする親の条件です。

贈与者(資産を贈与した人)の要件
 贈与をした時において受贈者の親であること。


贈与をした時において親子関係があることが条件となっております。義理の親子関係の場合や祖父母と孫の間では適用できませんのでご注意下さい。

次に、贈与を受けた子の条件です。

受贈者等(贈与された人)の要件

(イ)贈与を受けた時に、住所が日本国内にあること

日本国内に住所を有しない人で、次のいずれにも該当する場合も含まれます。
(A)贈与を受けた時に、日本国籍を有していること。
(B)受贈者又は贈与者がその贈与の日前5年以内に日本国内に住所を有したことがあること。

(ロ)贈与を受けた時に、贈与者の直系卑属である推定相続人であること。

(ハ)贈与を受けた年の1月1日において20歳以上であること。

(ニ)その特例に係る贈与者から贈与(平成15年1月1日以降の贈与に限ります。)を受けた財産についてこの特例の適用をうけたことがないこと。


住宅を購入する際の年齢は20歳以上であることがほとんどでしょうから、親子関係であることを満たしていれば、あとの条件はそれ程問題なくクリアできるのではないでしょうか。


平成21年版無料レポートの受付を開始しました。



2年前より配布しております住宅の税金に関する無料レポートの最新版の受付を開始しました。

「5つの相談事例から学ぶマイホームの税金」

無料レポートでは、佐藤税理士事務所が行っている好評企画無料相談会でよく寄せられる住宅の税金に関するご相談を5つにまとめ、それぞれについて佐藤税理士事務所としての回答を記載するとともに、関連する住宅の税金について1通り学ぶことができます。

新しい住宅ローン控除制度や贈与税非課税500万円の活用方法など平成21年の税制改正情報を取り込んだ内容となっております。

無料レポート「5つの相談事例から学ぶマイホームの税金」のお申し込みはこちら

http://www.myhomenozeikin.net/?page_id=71

無料相談会も好評開催中です。



自分のケースではどうなるの?そんな疑問にお答えするため、中野サンプラザの事務所内で住宅の税金に関する無料相談会を開催中です。

住宅の税金に関するご相談がございましたら、下記HPよりお申し込み下さい。

住宅の税金のことなら、マイホームの税金

http://www.myhomenozeikin.net


中野区 税理士 佐藤税理士事務所

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
NICECHOICE 佐藤税理士事務所 

住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

税理士としては珍しく異業種での起業経験のある税理士です。自身の起業経験に基づいた、企業の成長過程に応じた柔軟なサービスを提供しております。また、マンション購入の経験を元に、住宅購入者向けに税金相談、確定申告の代行サービスも行っております。

03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「平成20年 確定申告特集」のコラム

住宅取得等資金とは(2010/11/01 13:11)