医療費控除(歯の治療に伴う費用) - 確定申告 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療費控除(歯の治療に伴う費用)

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
(1) 歯の治療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になり、自由診療になるものもあります。一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象にならなりません。金やポーセレンをつかった義歯の挿入は一般的な治療なので控除の対象になります。

(2) 発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は控除の対象になります。
歯列矯正でも、容ぼうを美化したりするなどのための費用は控除の対象になりません。

(3) 治療のための通院費も医療費控除の対象になります。小さいお子さんの通院に付添が必要なときなどは、付添人の交通費も通院費に含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額を記録しておきましょう。通院費として認められるのは交通機関などを利用したときの人的役務の提供の対価です。自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは控除の対象になりません。

※(1) 治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。
(2) 健康保険組合などから補てんされる金額は、その補てんの対象とされる医療費から差し引きます。


参考:国税庁HP

2008年分の確定申告をお引き受けします。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。