野菜だけ 〜 小さな店のメッセージ - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

谷口 浩一
株式会社チームデルタ 代表取締役
千葉県
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

野菜だけ 〜 小さな店のメッセージ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
エッジの効いたマーケティング 勇気ある選択
野菜の摂取は、「野菜ジュース」でいい!
だって、主菜に加えて野菜料理まで準備するのってけっこう大変だったりしませんか?


こんにちは。
料理するWebプロデューサー、チームデルタの谷口です(笑)。


できれば、品数が少なくて済むメニューについ走ってしまいがちな食生活を少しでも補完すべく、そして、Webマーケティングにもちょっと役立つかも、、、そんな話から今年のコラムはスタートです。


グラン・メゾンからブラッスリーまで。
リストランテからトラットリア、一見お断り高級懐石から立ち飲み居酒屋まで、今や世界一たくさんの★が輝く東京には、それはもう、さまざまなうまいもの屋がひしめいています。

一昨日、そんな数多ある店の中から選び出した小さなビストロに食事にでかけました。
14,5席ほどをシェフとマダムだけが支える、ほんとに小さな店です。
でも、僕は、ここを訪れる日を楽しみにしていました。
とても特徴のある店だったから。


野菜だけで勝負する店なんです。
もちろん、肉、魚を扱うメニューもあるにはあります。
でも、それらは、他店を差し置いてまで、わざわざ僕が訪れる理由にはなりません。
僕の目的は、優れた料理人にそこまで惚れこませた野菜たちに出会うことでした。
レストランとしては、極めて不利な状況を作り出しかねない狭い範囲の食材への選択と集中。
はたして、その料理の出来栄えや如何に。


この店を知った時から、久しぶりに僕の「食指」が反応してました。
そして、その期待が裏切られることはありませんでした。
レストランは入店した瞬間の香りで、多くを知ることができます。
この店は、野菜から煮出る上質なスープと若干のオリーブオイルの香りがします。

メニュー構成はシンプルで、あまり選択の余地はなく、知らずに訪れる客にはなかなか厳しい内容かも知れません。

僕がいただいたのは、こんな料理。


 カリフラワーのムース自家製バジルオイル仕立て
 季節野菜の冷製エチュベ(蒸し料理)
 有機野菜のココット(小鍋料理)仕立て


野菜だけ。
あえてそんな構成にしてみました。
肉、魚の欠片すら入っていません。
そして、葡萄の生命力、畑のテロワールをたっぷり感じることのできるシチリアの白ワイン。
でも、軽く一本がカラに。


苦い、固い、強い、そして香り高い。
ここの野菜たちは実に濃厚です。
『野菜のジビエ』と言っても言い過ぎではないくらいに季節感を主張します。
野菜って主菜になるんだ。。。

歯ごたえのある自己主張の強い野菜からしみ出した滋味深いスープ。
おいしい。
野菜だけで食べられる。
野菜だけで飲める。


三宿、池尻、三茶あたりは、小箱のできのいいレストラン激戦区です。
小さな店構え、少ないスタッフ、安くておいしい料理とワイン。
そんな店がたくさんあって、選ぶ客にもなかなか特徴が見えにくいんですよね。
そんな中にあって、いくつかの店は連日の大繁盛。
決して華美でなく、決してメジャーでもなく、決してPRにお金を使ってるわけでもない。
これらの店は、みんなみんな、そこを愛し、通い詰める心ある客たちの口コミによって支えられています。


Webというステージを通して、集客し、信頼感/ファン心理を醸成し、利益に結び付ける僕らの手中には、たくさんのツールがあります。
そう、Webマーケティング/Webプロモーションを支えるツールはいくらでもあるんです。
でもね、こういう、良き店たちを訪れ、心ある料理に触れるたびに、Webで行われるいくつかのタイプのプロモーションに違和感をおぼえます。
もっと言えば、露骨な目論見、あまりに洗練されない営利性に。

ネット利用者って、実は、見えみえの『売らんかな』に辟易してんじゃないかな、と思ったりします。
ネットは、『心打つ物語』を背景にした、無印のブランドをたくさん生みだしました。
でも、『見えみえのシナリオ』に振り向くほど、ネットの消費者はお人よしではありません。
素人に毛が生えた程度の自称マーケター達が繰り出す姑息な売り方を目にしながら、僕自身うんざりだったりします。


優れた選択と研ぎ澄まされた集中力。
良きハートが生みだす暖かい料理と財布に優しいワイン。
店から送りだされるメッセージがほっといても僕に届きます。

僕の手帳へのオンリスト、決定です。
無駄な言葉を費やすことなく、感性にダイナミックに問いかけることのできるプロモーション(もちろん、料理人たちにそんな意識はないはずですが)は、美しくすらあります。
潔いほど見事です。
メッセージを捉える味覚を持つ客であれば、店からの見えない言葉が間違いなくハートに届くはず。


そういえば、この店の客の女性達、、、何だか化粧薄いけどきれいな子が多いな(余談!)。


今日した いいこと
-----------------
にゃんこ日向ぼっこ



成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一