ビジネス方法は特許になる? - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

尾上 雅典
(行政書士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネス方法は特許になる?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
ビジネス方法は特許になる?
〜ビジネスモデル特許をビジネスにどう生かすか?〜  河野特許事務所 
2009年1月13日 弁理士 河野 英仁

1.ビジネス方法は特許になる?
  「ビジネスモデル特許を申請したいのですが」、「ビジネス方法は特許になると聞いたのですが」等のご相談を良く受けます。純粋なビジネス方法自体は特許を取得することができませんが、コンピュータ等のハードウェア、IT技術を融合したビジネス方法であれば特許を取得することができます。例えば単なるオークション取引方法は特許の対象となりませんが、新規なIT技術を融合することでビジネス方法であっても特許を取得することができます。
 2001年のビジネスモデル特許ブームと比較すると出願数は減少傾向にありますが、依然として年間約2000件のビジネス関連発明が出願されています(図1参照)。諸外国でも同様の傾向にあります。ビジネスモデル特許発祥の地、米国では日本と比較して緩やかな基準にて数多くの特許を認めています。その一方で、欧州及び中国等は技術的特徴の必要性を強く要求しており、ビジネス方法の特許は認められにくい傾向にあります。
 (特許庁HPより)

2.ビジネスにどう生かすか?
 ビジネスを開始する上で新規な技術的要素が絡むビジネス方法であれば積極的に特許出願をすることが好ましいでしょう。他社が同じアイデアについて先に権利を押さえてしまう可能性があります。こうなるとビジネスが立ちゆかなくなるリスクが生じます。自社技術を守るアイデアを確実に権利化していくことで、会社の財産としていくことが企業戦略上求められます。


■ビジネス方法に関するご相談は河野特許事務所の弁理士までお問い合わせください。
 |  コラム一覧 |