『この先、保険料が高くて払いきれない!』 - 保険選び - 専門家プロファイル

保険比較ライフィ 
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『この先、保険料が高くて払いきれない!』

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
家族を守る 保険のお勉強
『この先、保険料が高くて払いきれない!』

こんな相談が最近増えております。
契約したときは大丈夫だったけど、ボーナスがカットされた、
給与が下がった、職を失った、派遣切りに合ったなど、
収入が減ったことにより保険料が払い切れない方々です。

日常の生活を送っている上で、衣食住に掛かる費用とは違い、
「絶対に必要なもの」ではありません。

保険とは「万が一、困ったことが起こった時に、
金銭的に補ってくれる」金融商品です。

であれば保険契約を見直しするのが一番です。



終身保険・養老保険・学資保険等、貯蓄性にお高い保険からの切り替え

●例1)契約を払い済みに変更する。
 払い済み保険への変更とは、「以後の保険料は払いません」
 ということです。保険料を払わなくなる分、保険金は小さくなります。
 詳しくははこちら→http://lify.jp/contents/insurance_study/s25.php
 目減りした保険金は短期的に掛け捨ての格安定期・収入保障保険で
 補います。
 格安定期保険→ http://lify.jp/sbi/teiki/
 格安収入保障保険→ http://lify.jp/EXT/?param=sbiaxa-syu/

''●例2)解約する
 解約すると過去に払った積立部分の解約返戻金がが戻ってきます。
 解約は契約期間・払い込み期間等によって積立損につながる場合も
 あります。
 目減りした保険金は短期的に掛け捨ての格安定期で補います。
 詳しくはこちら→http://lify.jp/sbi/teiki/

終身医療保険(特約)60歳払い込みの切り替え

●例1)終身医療保険の終身払いに変更する
 終身保険や定期保険の特約として医療保険を付けている方も
 大勢いらっしゃいます。
 気持ちの上では60歳までに払い込みを終わらせたいと思うのが、
 一般的です。
 ただ、医療技術も・医療保険も日進月歩。
 パソコンと同じように、最新の医療保険は安くて良い物に進化しています。
 ならば終身払いで契約することにより、なるべく掛け捨て部分を小さくし、
 将来もっと良い保険が発売された場合に乗り返しやすくなるメリットが
 あります。
 当然、保険料は格段に安くなります。
 詳しくはこちら→http://lify.jp/contents/insurance_point/p24.php

●例2)10年定期の医療保険に変更する
 上記、終身医療保険よりも当然もっと安くなります。
 上記メリットを享受しながらもっと安い保険料にできるはずです。
 ただ、1回病気になった場合更新できないかもしれない不安が
 残るのも事実。ですので20歳〜40歳くらいの方までにお勧めです。
 40歳代後半になったら健康なうちに終身保障の医療保険に
 変更しておくべきですね。
 詳しくはこちら→http://lify.jp/sbi/iryo/

''●例3)日額1万円を5000円に減らす。
 60歳払い込みの医療保険日額1万円を5000円に減らしちゃいましょう。
 でも不安が残りますよね。
 そこで1年掛け捨ての医療保険をプラスします。
 びっくりするほど安い保険料になります。
 女性専用はこちら→http://www.abc-hoken.co.jp/ld/lify/index.html
 一般の方・健康に自身の無い方→http://lify.jp/clover/
 糖尿病の方→http://lify.jp/excel/
10年掛け捨ての医療保険はこちら→http://lify.jp/sbi/iryo/


●保険契約を変更する場合の注意点
保険契約を変更する場合、必ず新しい契約の申し込みをして
「引受がOK」になってから今までの保険を解約してください。
解約を先にしてしまうと万が一、新しい保険に加入できなかった
場合にすごく困りますので。



上記はあくまで一例です。今現在の加入保険の内容によっては
適さない場合もあります。どうしてよいか迷ったらご相談ください。
弊社は30社の保険商品から、ご紹介可能です。
ご相談したい方はこちら→http://lify.jp/contents/consult_main.php 

 
ライフィがご紹介可能な取扱い保険会社
アイエヌジー生命保険株式会社
あいおい生命保険株式会社
アクサ生命保険株式会社
アクサフィナンシャル生命保険株式会社
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
アメリカンライフインシュアランスカンパニー(アリコジャパン)
AIGエジソン生命保険株式会社
AIGスター生命保険株式会社
SBIアクサ生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社
ソニー生命保険株式会社
損保ジャパンひまわり生命保険株式会社
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
日本興亜生命保険株式会社
日本生命保険相互会社
ピーシーエー生命保険株式会社
マスミューチュアル生命保険株式会社
マニュライフ生命保険株式会社
三井住友海上きらめき生命保険株式会社
大和生命保険株式会社
あいおい損害保険株式会社
アニコム損害保険株式会社
AIU保険会社
現代海上火災保険株式会社
チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー
日立キャピタル損害保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
株式会社アソシア
エクセルエイド少額短期保険株式会社
ABC少額短期保険株式会社
株式会社クローバー少額短期保険


 http://lify.jp/EXT/?param=sbi-axa

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 保険アドバイザー)
保険比較ライフィ 

保険は難しい!自分の保険について学んでください

【個人向け】ご自身の保険について詳しくなっていただくための情報を提供!【中小企業様向け】「財務体質の強化コンサルティング」。決算内容の改善や含資産の形成、与信力の強化、リスクヘッジ、経営者が抱える財務の悩み解決をご提案。

カテゴリ 「家族を守る」のコラム

保険用語辞典(2009/11/25 11:11)