賃貸住宅を快適に・・・ 1/2 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

前川 知子
株式会社ハウスオブトゥモロー 
インテリアデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸住宅を快適に・・・ 1/2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
くどうさんへの回答
賃貸の物件は、持ち家ほど自由が利かないというデメリットはございますが、その中で楽しむことはできると思います。ただ、そのためには、やはり何かの割りきりがあるほうがいいでしょう。つまり、一つ自分のコンセプトや方針を決めて、それに絞ったインテリアとすることです。
例えば・・・
1、 徹底的に、無駄なものを省く。
とても難しいとは思いますが、リビングにある一つ一つを、「これは本当に必要なのか」ということを考えてみましょう。
小さなものでリビングやダイニングは狭くなっていることが多いのです。
夏だけしか使わないエアコンのコントローラー、年中出しっぱなしだったりしませんか?
読み終えた新聞をリビングで溜めていませんか?
お部屋にあるものは、置き場所がすべて決まっていますか?
そんなにすべては決まらないのですが、例えば、置場がまだ決まっていないものはここあたりに置くなどすると大分すっきりします。
ストーブや扇風機、季節の衣類は、思い切って倉庫などに預けてしまうと、具体的に部屋の容量が少し増えます。
電化製品も、意外と場所をとるんですよね。色々便利なものは多いのも確かですが、炊飯器は持たず、土鍋で炊くなど、代用できるものは徹底的に代用していくと、少しずつ物が減っていきます。ただし、これは便利さと引き換えの部分もあるので、すべての解決にはならないのですが・・・