2016リオ・パラリンピックへ〜市民の足で、4つの会場への移動手段〜 - 海外・外国人全般 - 専門家プロファイル

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2016リオ・パラリンピックへ〜市民の足で、4つの会場への移動手段〜

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外・外国人全般


リオに到着した日の朝に早速、地下鉄の駅の自動発券機で

オリンピックカードを購入。

オリンピックカードとは、観戦客などが大会期間中に

本カード1枚でBRT,地下鉄,鉄道,フェリー等,

様々な公共交通機関を利用することができるもの。

カードは,インターネット,地下鉄,BRTバスターミナル,空港等で購入可。

カードの種類・購入価格は,1日券25レアル,3日券70レアル,7日券160レアル。

(1レアル約35円 2016.9現在)

購入サイト https://cartaojogos.riocard.com/#/home


競技開催地はオリンピックと同じく、リオ市内のバーハ、コパカバーナ、マラカナン、デオドロの

4地区で行われます。それぞれ約1時間ほど離れています。

開・閉会式が行われるエスタシオ・ド・マラカナンは

世界最大規模のサッカー・スタジアム。

メイン会場 は、種目の半数が行われるバーハ地区になります。

オリンピックで路線が延長され、市民生活でも便利に。

ロンドン大会と同様に、ファベーラと呼ばれるスラムがある場所へ

競技場を作り、街の活性化を担っています。




メディアバスや大会関係者専用の車に乗っていては見られない、

市民の生活を垣間見ることができました。

ブラジル人はお年寄りに優しく、老人が乗ってくると、

席を譲ったり詰めたり。気づかずに座っていたら周りが注意。

老人が席に座るまで、背中や腰を支えるために腕を差し出し

転ばないように見守っています。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 英語講師)

小学生までに英語脳を育てたい幼児と親のための英会話教室

聖心女子大英文科卒、元銀行員。海外留学・国際ボランティア、横浜市立小学校英語講師などの経験、早期教育での子育て経験から、楽しく自然と身につく英語教室を主宰。赤ちゃんと意思疎通をはかることも心がけている。趣味はジャズとトライアスロン。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

レッスン・教室 ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

料金
500円

東京オリンピック・パラリンピックに向けて、再び英語を学んでみませんか?
2012ロンドン・オリンピック、2014ソチ・パラリンピック取材に子連れで行った経験から、ご希望に応じたレッスンを行います。

ワンコイン英会話

このコラムに類似したコラム

2016リオ・パラリンピックへ〜お土産選びは主婦目線から〜 石野 恵子 - 英語講師(2016/09/20 01:37)

2016リオ・パラリンピックへ〜リオのマクドナルド〜 石野 恵子 - 英語講師(2016/09/18 18:37)

2016リオ・パラリンピックへ〜公式グッズ〜 石野 恵子 - 英語講師(2016/09/11 20:34)

2016リオ・パラリンピックへ〜チケットの買い方〜 石野 恵子 - 英語講師(2016/09/06 13:40)