Silverlight 2 正式ダウロード開始 - システム開発・導入全般 - 専門家プロファイル

上原 正吉
株式会社アースリンクネットワーク 
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:システム開発・導入

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
井上 みやび子
井上 みやび子
(Webエンジニア)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Silverlight 2 正式ダウロード開始

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. システム開発・導入
  3. システム開発・導入全般
C# .Net 開発 .Net 3.0開発

Silverlight 2 正式ダウロード開始



http://www.microsoft.com/japan/silverlight/


いよいよ、Silverlight 2が始動しはじめました。




Microsoftよりのアナウンス

Silverlight の提供から約 1 年、
いよいよ本格的なリッチ アプリケーションの開発を可能にする
Silverlight 2 の提供が開始されました。

Silverlight 2 は、Silverlight 1.0 からの得意技であった
クオリティの高い動画や音声、アニメーションを活用した
メディア コンテンツ配信の機能をさらに強化すべく、
デジタル著作権管理機能である DRM をサポートすると共に、
Web 上の画像表現としてこれまでにないインタラクティビティを実現する
Deep Zoom を実装しています。

また、データや、サーバー サイドと高度に連携した
アプリケーションの構築を可能にするさまざまな新機能が追加されています。
.NET Framework をアーキテクチャの基盤としているため、
Silverlight アプリケーションの開発には、
Visual Basic や C# などの .NET 言語の活用が可能になりました。
これにより、.NET 開発者は既存のスキルやツールを使いながら、
短い開発期間で、品質の高い RIA を開発することができます。
また、Silverlight 2 には、標準で多くのカスタマイズ可能なコントロールや、
優れたデータ連携やネットワーク処理機能など、
アプリケーション構築のためのさまざまな基盤が用意されています。

インターネットの世界だけでなく、
イントラネットで展開されるアプリケーションにおいても
今後ますます優れたユーザー エクスペリエンスの実装要求は
高まっていくことが予想されます。
ぜひこの機会に、これまで習得した .NET のスキルを活かした
リッチ アプリケーション開発に取り組んでみてください。



Sliverlight 2の開発について



私は前からすでに(名前は別として)Sliverlight 2
Microsoftがリリースする事を確信していました。

Adobeが(Flash Flex)、開発生産性の上でMicrosoft(Visual Studio)に劣るのは、
前々から指摘していた所なので、ここで、今までVBなどをやっていた技術者が、
Flashタイプのアプリケーションを作れるとなると、業界マップが書き換わるほどの
インパクトだと思っています。

当然Flashによる開発はなくなりませんが、
今後はSliverlight 2もターゲットの一つとしてカウントされるようになると思います。

以前はIEをターゲットに開発すれば大丈夫でしたが、
いつからか、Firefoxも台頭しはじめ、クロスブラウザーという考え方が広まったように、
Sliverlight 2も勢力を伸ばしていくと考えられます。

今後のコラムではSliverright 2の開発方法を説明していきたいと思います。


Sliverlight 2類似技術の整理



その前に

似たような言葉で混同している技術があると思うのですが、
みなさんは、以下の技術のそれぞれの違いを説明できますか?

WPFブラウザアプリケーション
WPFウインドウズアプリケーション
Windowsフォームアプリケーション
Sliverlight 2 1.1
Sliverlight 2 2.0
ASP.NET
LooseXAML


次回、これらの違いを取り上げてみたいと思います。

QuickRec--メール・電話・FAXをお客様情報と一緒に全部まとめて一元管理
電話を自動録音することによりトラブルを未然に防ぎます
http://www.quickrec.com/

システム開発のご相談、ホームページ作成なら
アースリンクネットワークへ
http://www.eln.ne.jp