保険会社の破綻で、あなたの保険は大丈夫? - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険会社の破綻で、あなたの保険は大丈夫?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険会社の破綻と実際について
契約者側からして、一番怖いのは、保険会社が破綻したことで、契約が無効になる、
白紙になるということでしょうが、ひとまずご安心下さい。

契約者は「生命保険契約者保護制度」に因り保護されます。
(但し、保護の対象となるのは、国内に拠点がある全ての生保の元受保険契約)

詳細は、生命保険契約者保護機構(http://www.seihohogo.jp/)のホームページを
ご確認下さい。

また、実際は何がどう保護されるのか?という事ですが、生命保険契約者保護制度が
破綻保険会社の契約に対して行う補償は、昔の高い予定利率契約を除いた、
「破綻時点の責任準備金の90%まで」です。
(責任準備金とは、将来の保険金、年金、給付金等の支払いに備えて各保険会社が
保険料や運用収益の一部を積み立てる準備金の事を言います)

よって、加入時期が、1987〜1991年頃で、なおかつその時期にハイリスクハイリター
ン商品をたくさん販売した保険会社でなければ、まず安心していいでしょう。

従いまして、「外資系だから不安」というのは必ずしも正しくない解釈ですので、
ご承知おき下さい。