とある出版社での会話から 〜 ホンモノの価値  #3 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

谷口 浩一
株式会社チームデルタ 代表取締役
千葉県
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

とある出版社での会話から 〜 ホンモノの価値  #3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
サイトプロデュースの現場から ブランド、考えてみる?
メディア露出の影響力は、ブランド戦略において、想像以上に小さい。
では、メディア戦略で発したムーブメントを、継続可能な緩やかなブランド戦略に結びつける要因は何なのか。
そのために、僕らは何をすべきなのか。。。



こんにちは。
チームデルタの谷口です。



メディア戦略により露出が増えるということは、周知が進むということ。
そして、不確定なイメージが創られるということです。
予備知識やイメージを事前に携えて、みなさんのWebサイトに来ることになります。
あるいは、メールや電話によるオファーがくる。

以前の訪問者よりも、期待値の高い訪問者がそこに加わるわけですね。
もしも、ここで、


  「なんだ、メディアが言うほど大したことないじゃん・・」


となったらどうなるでしょう?
それこそ、期待が裏切られた分、信頼感の失墜は、プロモーションを行う以前よりもはるかに大きいはずです。


だからこそ、企業のやることは『ホンモノ』でなければいけない。
期待値+アルファなら、


  『なるほど、メディアが言うのもうなずける・・』


となって、彼らは、しゃべり始めるわけです。
逆の場合もしゃべるかもしれませんよね(怖)。



結局のところ、顧客メリットを具現化するための創意工夫(選ばれる理由)と顧客に対する誠実さ、ものづくりへの志(理由を裏付ける情報)、こうした、泥くさい人の営みがどの程度できているか、だと思うんです。



虚飾は所詮長続きしません。
ネットの場合は、Face2Faceでないからこそ、顧客が感じとる印象もシンプルです。
言ってみれば、言い訳できない、ごまかしの効かない世界。
雇客へのスタンス、企業の姿勢が、一層濃縮されて投影されるのがWebの世界です。


見えないからこそ見えてくるもの
○か×か。
ありかなしか。
役に立つか、立たないか。
また利用するか、2度と利用しないか。
プロモーションの失敗事例をよーく見てみると、こうしたケースに該当する場合が案外多いようです。


メディア戦略が功を奏するか否か。
それは、すなわち企業の力、その実体が不可欠ということで、実はメディア戦略以前に、成功するかしないかは決まっていたりして(笑)。

メディア取材に浮かれてないで、もう1度、足元をしっかり見つめていただくきっかけにしていただければ。



成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一