自費診療のセラミックと保険診療の材質の違い - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

審美歯科ドクター
歯科医師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自費診療のセラミックと保険診療の材質の違い

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
セラミック治療について
■自費診療と保険診療では、治療に使用する材料(材質)が違います■

自費診療で使用するセラミックは水分を吸収しないので、変色せず、ご自身の歯(生活歯)により近くお色や形を復元することが可能です。
その為、差し歯が入っているとは分かりづらく、とても自然な仕上がりになります。
生活歯とほぼ変わらない強度をもっています。

一方、保険診療で使われる白い差し歯はプラスチックを含む材質のため、水分を吸収してしまい1〜2年経つと変色してきます。また、セラミックほどの強度がないため、形も変形してきます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(歯科医師)
審美歯科ドクター

ミス・ユニバース公認。白い歯で美しい笑顔をプロデュース

ひとりひとりのお口のコンディションを考慮し、セラミック治療を中心にインプラント、ホワイトニング等、あらゆる手法を駆使して、歯のお悩みを解決。恵比寿、新宿にある各医院は、駅から徒歩3分以内で、通院にはとても便利です。

カテゴリ 「セラミック治療について」のコラム

ブライダルに向けて(2014/05/20 18:05)

治療の順番(2008/10/19 17:10)

奥歯のつめもの(2008/10/13 15:10)

歯並びを整える(2008/10/09 11:10)