火災保険 落雷被害について - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火災保険 落雷被害について

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険
火災保険では、火災はもとより落雷による被害も補償対象となっています。
落雷により、建物が損害を受けた場合や、落雷が原因の火災また、過電流により家電製品が使えなくなることがあります。火災保険では、建物に保険がかけられている場合は建物の損害のみが補償され、家財に保険がかけられている場合は家電製品などの損害に対しても支払い対象となります。

・1度落雷した場合2度はないか?
落雷すると、次に起こる落雷は半径10Km以内で再度落雷する可能性があるといわれています。

・人体への被害は?
落雷による人体被害については以下のような場合があります。
1人体へ直接落雷するなど直撃を受けた場合8割近くの方が死亡しています。
他に建物などのない開けた場所にいる場合は可能性が高くなります。
他の物体からの放電により被害を受ける場合もあります。
例えば、雷が鳴り始めたので木の下で収まるの待っていた場合に、その木に落雷すると木からの放電により被害を受けることがあります。
建物に落雷した場合に電話などをしていると、電話線などを伝って流れてきた電流に感電し火傷などをする場合もあります。



その他保険に関する情報はこちらをご参照ください
↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓
保険業界で頑張る社長のblog