住宅会社の欠陥責任★その10(あとがき) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

代表
東京都
経営コンサルタント
03-6317-3385
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅会社の欠陥責任★その10(あとがき)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
住宅会社の欠陥責任
「 住宅会社の欠陥責任はどこまで追及されるのか!? 」


9回にわたって、住宅欠陥に対しての、

裁判所の判断をお伝えしてきました。


「 瑕疵担保責任 」 については、

ある程度の認識はあるのであろうが、

「 不法行為責任 」についてはどうだろうか?

ほとんどの人が認識がないのではないかと思う。


それは、プロも、そしてそうでない人も。

当たり前といえば、そうなのだが。。。

建物の安全性に対する意識。

安全であって、当たり前。


しかし。

残念なことに、

こういった認識が薄い人たちが

建築業界で住宅を造っていることもまた事実。

だから、姉歯事件や、耐震強度不足の建売などが存在する。

欠陥が表面化しているのは、氷山の一角かも知れない。

それを、少しでも少なくするのが、私の使命だと思う。


私一人では、全く手が足りない。

同じ志をもった方々に協力していただかなければとも思う。


何故、そこまでして、利益ばかりを追求するのか!?

そんなことが続くはずかない。

いつかは淘汰される日が必ず訪れる。

今、建築業界はそういう方へ向いて歩んでいる。


最後までお読みいただきありがとうございます。

住宅会社の欠陥責任は今回で終わりです。


Regressのホームページへ

ブログ:「建築サポーター・せきぐちしんいちのみんな笑顔になろうへ」

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
代表

建築業界での豊富な実務経験で、事業の立ち上げや改善を支援

実務経験の無いコンサル会社が提供する机上論でななく、クライアントごとにカスタマイズされた本当に効果のある支援を行います。不動産会社・建設会社・工務店への支援事業を通して、最終的には建物を購入するエンドに満足してもらうことが最大の目的です。

03-6317-3385
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅会社の欠陥責任」のコラム