老夫婦の生活から考える - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

松浦 千代美
有限会社悠インテリア事務所 
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
父が5年前に脳梗塞で半身不随になりました。
2ヶ月半の病院生活から退院の日に
母が水頭症という病気で脳手術することになりました。
二人だけの生活ですから
今後の生活はとても心配でした。
両親の元気な姿が浮かんできては涙した日もありましたが
まず老夫婦の生活が少しでも快適に出来ることを考えました。

部屋の移動をしました。
寝室を和室から洋室のトイレから近い部屋に変え
ベッドでの生活にしました。
電動ベッドも自分がまだ少しでも動ける間は使用なしですが・・。
そしてトイレや浴室に手すりをつけたり
部屋と部屋の敷居の1センチの段差をなくしました。
火の消し忘れの多い母の為に
キッチンのガスコンロもIHヒーターに変えました。
冬の暖房も灯油のファンヒーターから電気蓄熱器暖房に変えました。
電球の取替えも大変です。
天井灯は椅子などを使わないとですから
助けの人が来てくれるまで待っています。
壁に簡易型の常夜灯を付けました。
ランプも長寿命の蛍光ランプに変えました。
防犯用に外灯にセンサーを付けました。

今、何気なく出来ていることが出来なくなる辛さは
当事者でないとわかりませんが
安全、安心で生活できる生活空間の大切さを体験しました。
机上では理解できない大切な体験となります。

これから新築、リフォームをお考えの方に
インテリアからの心身ともに感じる快適さ
機能面での快適さを提案して行きたいと思っています。