改正ストーカー規制法 - ストーカー対策 - 専門家プロファイル

プライベート・シャドー 代表
神奈川県
探偵
0466-83-1011
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

改正ストーカー規制法

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 防犯
  3. ストーカー対策

ストーカー行為への対応を強化する改正ストーカー規制法と、法律の適用範囲を広げ
る改正DV防止法(配偶者暴力防止・被害者保護法)が2013年6月26日午後の衆院本会議で可決成立した。

改正ストーカー規制法では、相手に拒まれても繰り返し電子メールを送信する行為を、
同法で定める「つきまとい等」に追加し取り締まり対象とする。
つきまとい行為に対する禁止命令や警告について、被害者の居住地だけでなく、
加害者の居住地や違法行為があった場所の警察、公安委員会も出せるようになった。

これにより、今まではメールをブロックするかアドレスを変更する他なかった案件も
警察関与の元、送信を禁止する命令を送信者に出せるようになる。

しかしながら、ストーカー事案では単に『しつこい』『迷惑』のレベルは人それぞれで異なり
被害者側の一方的な感情のみを受け入れて取り締まりを行うのも困難な場合も少なくない。

この事から適応するにあたり先ずは『相手に拒まれても繰り返し電子メール』であることを立証する事が先決。

この立証するにあたり、最も簡単な方法は
例えば『迷惑ですのでメールは送らないで下さい。』と言う旨の返信メールを送信し、
その後に加害者から送信されるメールの内容等により送信履歴と受信履歴の照合にて

『迷惑である旨を相手に伝えたにもかかわらず』送信されるメールであることから
『相手に拒まれても繰り返し電子メール』であることの説明が出来ます。

この様に第三者機関が見ても被害経過や状況が把握出来れば、
改正ストーカー規正法を適応し禁止命令等の手続きもスムーズになるかと思います。

 

<追伸>改正ストーカー規制法の最大のポイントだった連続メール送信については公布20日後(7月20日頃)から、その他は10月から施行される。DV防止法は来年1月から施行される見通し。

 

【リンク】その他、ストーカー規制の対象となるものは?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 探偵)
プライベート・シャドー 代表

探偵・調査業務の経験から各種解決策をご提案させて頂きます。

職業柄、浮気調査等のご相談を数多く手掛け不貞行為等による離婚問題の相談を得意としております。また、ストーカー事案・詐欺案件や盗聴盗撮問題などの分野の依頼も多く手掛けた経験より防犯分野もお任せ下さい。

0466-83-1011
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム