生命保険 見直し どっちが得か? - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険 見直し どっちが得か?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険
10年更新定期と100歳定期どっちが安い?

ご存じ、定期保険は死亡時、高度障害時に支払はらわれる掛け捨ての保険です。
今回は10年ごとに更新していくものと、一気に100歳まで補償を買ってしまうものを検証してみました。


1 10年定期(死亡保険金額3000万円)



・30歳〜40歳まで  
保険料月々7,020円   
10年間総支払保険料842,400円

・40歳〜50歳まで  
保険料月々10,950円  
10年間総支払保険料1,314,000円

・50歳〜60歳まで  
保険料月々21,510円  
10年間総支払保険料2,581,200円

・60歳〜70歳まで  
保険料月々46,110円  
10年間総支払保険料5,533,200円
  
40年間総支払保険料10,270,800円



2 100歳定期(死亡保険金額3000万円)



・30歳〜100歳まで 
保険料月々45,720円  
40年間総支払保険料38,404,800円



3 途中で死亡した場合



10年定期を更新していった場合、支払った保険料は少なく、死亡保険金は3,000万円なので、
費用対効果は大きいです。

100歳定期の場合、支払った保険料は多く、死亡保険金は同じく3,000万円。

4 途中で解約した場合



65歳で年金生活が始まるので、保険が必要なくなり解約した場合。

10年定期を更新していって65歳まで払う保険料のトータルは7,504,200円で解約返戻金はわずかに426,000円。

100歳定期は65歳まで払う保険料のトータルが19,202,000円で解約返戻金は20,686,000円。
支払った保険料より多く戻ってきます。

それぞれ、長所と短所がある。どちらが得でしょうか?

(注意)保険料は各社異なりますのであくまでに参考です。


その他情報はこちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog