メールの文字化けの原因と復旧方法 - PCサポート・IT環境全般 - 専門家プロファイル

井上 みやび子
すぐ使える株式会社 代表取締役
東京都
Webエンジニア

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:PCサポート・IT環境

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
小坂 淳
小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メールの文字化けの原因と復旧方法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. PCサポート・IT環境
  3. PCサポート・IT環境全般
徒然 IT 考

メールの文字化けの原因は、大きく分けて2つあります。

日本語のメールをやり取りするとき、見た目は同じでも実は内部ではいくつか保存形式があり、この保存形式の違いによって以下のように2パターンの文字化けを引き起こすのです。

(A) 送られたメールの保存形式が、読み手のメールソフトでは対応してない
(B) 使った文字がその保存形式では(規格上)保存できない

(A) の場合はメール全体が文字化けします。(B) の場合は、メールの一部が読めなくなったり、別の文字に置き換わってしまったりします。

メールの文字コードとして安全なのは ISO-2022-JP

保存形式は日本語メールで伝統的な「ISO-2022-JP」と、比較的新しく多言語に対応している「UTF-8」があります。「UTF-8」の方を使うと(A)タイプの文字化けを引き起こすことがありますので、古いコンピュータや従来型携帯端末をずっと使っていそうな受信者層に送る場合は ISO-2022-JP を使った方が安全です。これらの形式は、メールソフトの設定で変更できます。

メールの文字化けの復旧方法

さて、メールが文字化けしてしまった場合はどうすればいいでしょうか?

メール全体が文字化けしてしまう場合

メール全体が文字化けしてしまった場合、自分が送信者であれば、保存形式に気を付けて送り直してやればいいのですが、受信したメールが文字化けしていた場合の方法ですね。

文字化けしているメールでも、「引用して返信」または「ソースを見る」という操作をすると、文字化けしていた本文が現れることがあります。送信者に再送を依頼する前に試してみて下さい。

メールの一部分が文字化けしてしまう場合

メールの一部だけが文字化けしてしまった場合、残念ながらこれは復旧できません。

よく知られている文字化けに、Windows パソコンから送信した「マル1」が Macでは「(月)」になってしまう問題がありますが、この他にも、携帯電話から送信された絵文字や名前に使われる特殊な漢字などが文字化けしてしまった場合、残念ながら元に戻す方法はありません。