Facebook採用は本当に効果があるの? ~その2 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

採用広報プランナー 白井 千絵
情報サイト「ソーカツTimes」編集長
採用コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Facebook採用は本当に効果があるの? ~その2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
最新ニュース/トレンド

こんにちは。ソーカツタイムズ編集長の白井です。

前回は、株式会社ギブリーの調査から
Facebook採用の効果について見ていきました。
https://mng.profile.ne.jp/professional/column/confirm

今回は、Facebook採用で効果を実感するための
ポイントをご紹介していきたいと思います。




Facebook採用の課題

 ギブリーの調査では、効果があったと実感している企業が多いものの、

「どちらともいえない」と答えている企業が多いのも目立ちます。

その原因として、
「2013年度採用がまだ終了していないので現在も効果を検証中である」
「どのような効果があったか、それらの効果測定が難しい」と
答えた企業が多く見られました。

この調査結果を考察していくと、情報発信をしてもその効果について
測りかねている企業が多いということが分かります。

効果を実感するためには?


「効果を測ることができない」や「効果を実感できない」という企業の大きな理由は、
Facebookをはじめとしたツールをどのような目的で利用するのか、
といった目的が明確化されていないのではないかと思います。

この結果は、倫理憲章が改定された初年度である、2013年の調査結果のため、
取り組まれている企業自身が、迷いながら始められていることも大きいと思いますが
今後、ソーシャル採用の活用をお考えの企業は、Facebookを活用する目的を
明確にすることが大きなポイントとなります。

当たり前のことですが、行き当たりばったりの情報発信では
なかなか明確な効果が得られません。

ぜひFacebookを活用する目に、活用の目的と
その効果測定をどのように行うかを意識してツールを活用することをおすすめします。

-----------------------------

この記事に関するご質問は、こちらからお気軽にご連絡ください。

http://www.ibuki123.jp/contact.php

----------------------------- 

 

◆◇◆◇◆◇◆  こんなお悩みはありませんか? ◆◇◆◇◆◇◆

 ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。

・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。

・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?

・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など

採用サイト・採用Facebookページの企画・制作・運用・導線計画についての

ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

>>>>お役に立ちましたら、是非シェアお願します。 Share (facebook)

【参考出典】平成24年度Facebookリクリーティング白書



このコラムに類似したコラム

2016年の倫理憲章の改定に向けて押さえておきたい「3つのキーワード」 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/12 14:44)

インターンシップの広報をFacebookで ~その2 Yahoo 編 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/04 10:00)

インターンシップの広報をFacebookで ~その1 新日鐵住金の取り組み 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/03 10:00)

7月31日に無料相談会を実施します! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/26 17:00)

友だち200人で良質な採用に成功!! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/24 12:00)