限定承認をした場合、相続債権者の債権が弁済期に至っていない場合はどうなりますか? - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)

閲覧数順 2017年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

限定承認をした場合、相続債権者の債権が弁済期に至っていない場合はどうなりますか?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般
限定承認者は、弁済期に至らない債権であっても、手続に従って弁済をしなければなりません。