「新建ハウジングPLUS1に掲載されました」 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

清水 康弘
株式会社参創ハウテック 代表取締役社長
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「新建ハウジングPLUS1に掲載されました」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
家づくり

 サステナブル住宅賞を受賞した物件が新建ハウジングPLUS1の3月号に記事掲載されました。

 この月刊誌は工務店を中心に読まれているものですが、取組みの事例紹介として記事になったものです。
 実際の取材をもとに弊社の取組みが詳細に書かれていてとても良い記事になっています。

 さて、昨日NHKで「いのちの記録を未来へ~震災ビッグデータ~」という番組が放映されていました。

 NHKやグーグル日本法人、ツイッター社など8社・団体が、それぞれが有する膨大な災害関連情報を持ち寄り、解析を試み、このビッグデータを利用して「新たな防災ツール」を構築しようと、産官学を越えてさまざまなプロジェクトも立ち上がっている様子が窺えました。

 番組ではあの日人々が何を求め、どう行動したのか、残された映像などからだけでは分からなかった東日本大震災の全貌を「ビッグデータ」から解き明かしていて、被災地の数十万人の行動の軌跡、車載カーナビに残された車の走行記録、震災1週間でつぶやかれた1億8千万のツイートなど、さまざまなビッグデータから、あのとき大震災と向き合った1人1人の命を見つめていくというとても内容の濃い番組でした。

 現代でも過去の震災や津波被害などの記録は様々なところにひそかに眠っていますが、このような膨大なデータを解析して後世に残す試みは、きっと未来に繋がると思いました。

 あと1週間ほどで東日本大震災から2年が経過しますが、時間の経過とともにいろいろなことがわかってきて、真実がまたひとつ将来への橋渡しをしてくれているようですね。

このコラムに類似したコラム

「焼津の近藤建設さんの展示場」 清水 康弘 - 工務店(2014/10/30 10:07)

「出社の日曜日」 清水 康弘 - 工務店(2014/10/06 16:35)

「書状受け箱」 清水 康弘 - 工務店(2014/09/26 10:48)

「地域住宅ブランド化事業が採択されました」 清水 康弘 - 工務店(2014/07/01 18:44)

「日刊木材新聞に記事掲載されました」 清水 康弘 - 工務店(2014/06/17 10:39)