Q労働審判で提出する答弁書の記載事項の概要を教えてください。 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年03月30日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Q労働審判で提出する答弁書の記載事項の概要を教えてください。

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

労働審判の相手方は指定された提出期限までに、答弁書を提出しなければなりません。提出期限は、実務上第1回期日の約10日~1週間前をめどに定められることが多いといえます。

答弁書には、以下の事項を記載しなければなりません。

1 申立ての趣旨に対する答弁

2 申立書に記載された、予想される争点及び当該争点に関連する重要な事実に対する認否

3 答弁を理由づける具体的な事実

4 予想される争点及び当該争点に関連する重要な事実

5 予想される争点ごとの証拠

このコラムに類似したコラム

労働審判(研修)を受講しました。 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/10 07:40)

労働審判の手続、その2 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/07 08:58)

第6 寄与分 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/07 13:17)

相続放棄 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/07 13:28)