保険の見直しについて - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険の見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2009/02/16 13:55

36歳主婦です。昨年子供が産まれたのを学資保険を検討し、これを機に保険の見直しをしておりますが、主人の医療、死亡保障の充実のほか、家計保障なども気になり、全てをまかなうには保険料が高くなりすぎ、迷っています。

現在加入している保険
夫 38歳
ニッセイ 月17000円 死亡保障 1000万円
病気入院 5000円/日 60歳払い済み、保障は80歳まで
アフラック月4000円 がん入院 30000円/日(上皮内は半額)一生払い続ける

私 36歳 双方とも保険料全額払込済
郵便局 死亡保障 500万円
アフラック 病気入院 5000円/日

息子 8ヶ月 払込済
郵便局 18歳で受け取り 180万円

若くしてがんになる家系なので主人が入社当時に入っており、口数を減らすことも考えましたが保険料が少ないわりに保障がいいので解約はあまり考えておりません。(これでもすでに3口→2口に減らしたのです)

検討したいこと、不安な点などは次のとおりです。
・子供の学資保険は私の両親が入ったものなので、自分たちでも加入を考えている。
・主人のがん以外の病気入院の日額が1万円は必要なのではないか。
・死亡保障を少なくとも3000万円にしたい。
・主人の仕事があまりにも忙しく健康に不安がある。

いま具体的に検討しているのは東京海上日動あんしん生命の長割終身保険で、月額15000円程度で主人の60歳満期で、学資としても、死亡保険としても使えるものです。

現在子供のために2万円、ほか特に目的なく1万円貯金しており(住宅資金は別に貯金しております)、計3万円を学資、医療、死亡保険や貯蓄にまわそうとしています。

アドバイスよろしくお願いいたします。

キュマンさん ( 埼玉県 / 女性 / 36歳 )

回答:4件

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

目的と優先順位を整理してみましょう

2009/02/16 15:50 詳細リンク

キュマンさんはじめまして、
[[大田区で保険見直しや資産運用・ライフプランを
相談できるFP:http://www.officechinoi.or.tv/hoken.html、照井博美と申します。


キュマンさんご一家の保障に関する優先順位の高い点は、

ご主人のお仕事があまりにも忙しく健康に不安があるため、

●ご主人の死亡保障を少なくとも3000万円ほしい
●ご主人の病気入院を日額1万円
(?がほんとうに必要かどうかのカウンセリングも必要だと思いますが)
●若くしてがんになる家系であることを考慮し、ご主人のがん保障を手厚く
●以上を考慮したうえで、学資の目的での貯蓄もしたい
(そのためには保険料を無駄に払わないことも必要ですね)

のだとすれば、おそらく検討されている終身保険は、月額15000円程度の
保険料だとすれば、死亡保障としては600万円程度ではないかと思います。

学資として考えると、ほかにもう少し貯蓄性の高いものがありますし、
(60歳払込終了ですと仮にお子様が大学入学時の16年後に解約ですと、
おそらく元本割れかと思います。)死亡保険と考えると、どちらかというと、
終身保険はどうしても割高になります。

おふたりの健康状態が保険に加入できる状態という前提でお話させて頂くと、
追加で今特定の商品を検討されるよりも、おそらく現状の保険も含めて、
ご一家の今後の収支や価値観、保障に対する優先順位を充分に考慮しながら、
全体的に見直しをしたほうが

☆予算内で(今ある契約を有効に使うことも視野に入れ)、
☆必要な死亡保障をカバーし(優先順位が高ければ掛け捨ての保険を上手に使い)
☆現状のがんの治療(入院は短期化し、通院のみで治療するケースも増えている、
いっぽうでがんと上手くつきあいながら生きていく傾向が高まっている)という、
現状に即した保障

を備えることが可能ではないかと思います。

過不足ない保障を最低限備えたうえで、教育資金・住宅資金などの資金も
考えていかれるとよいかと思いますよ。

回答専門家

照井 博美
照井 博美
(岐阜県 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスシノワ 
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

ベストな保険を創っていきましょう。

2009/02/16 16:59 詳細リンク

キュマン 様

この度はご質問をいただきましてありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。
よろしくお願いいたします。

キュマン様は、しっかりとした目的をお持ちですので、ベストな保険に到達するまであと少しです。
顔晴りましょう。

検討したいこと、不安な点などは次のとおりです。
・子供の学資保険は私の両親が入ったものなので、自分たちでも加入を考えている。
⇒いつどれくらいの学資資金が必要なのかは把握されていますか?
学資資金=貯蓄ですので、学資保険や長割りて終身保険以外の選択肢もお考え下さい。
保険商品でもっと率の良い商品や、保険以外の金融商品も選択肢に入れましょう。

・主人のがん以外の病気入院の日額が1万円は必要なのではないか。
⇒なぜ1万円が必要とお考えですか?
高額療養費制度がありますので、健康保険適用範囲以内の入院・手術については月の8万円〜9万円(標準報酬月額が53万円以下の場合)でおさまります。

・死亡保障を少なくとも3000万円にしたい。
⇒3000万円が必要であるとお考えになった理由は何ですか?
もしかすると過大かもしれませんし、もしかすると少ないかもしれません。
ご主人が死亡した時の必要保障額のシミュレーションをされることをおすすめします。

いま具体的に検討しているのは東京海上日動あんしん生命の長割終身保険で、月額15000円程度で主人の60歳満期で、学資としても、死亡保険としても使えるものです
⇒長割り終身で60歳払いですと学資保険では使えないと思います。
もし学資に使うのであれば、長割り終身保険よりも「長割り定期保険」の15年払いをご選択下さい。
また長割り定期の方が死亡保障としても費用対効果が高いですよ。

ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

以上よろしくお願いいたします。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

清水 光彦 専門家

清水 光彦
ファイナンシャルプランナー

- good

死亡保障を中心に考えてみてください

2009/02/16 18:32 詳細リンク

こんにちは、清水保険資産設計[[http://www.sifp.ecnet.jp:http://www.sifp.ecnet.jp FPの清水光彦です。

なかなか堅実なお考えで、すばらしいと思います。
ポイントだけいくつかお伝えいたします。

>・子供の学資保険は私の両親が入ったものなので、自分たちでも加入を考えている。<
学資保険を貯蓄と考えておられるのであれば、あまりお勧めはできません。
一般的に、払う掛金の総額と、受取るお金の総額を比べると、多くの場合、受取る金額の方が少なくなります。
また、万が一の保障のため、とお考えであれば生命保険の死亡保障とダブってしまいます。

>・主人のがん以外の病気入院の日額が1万円は必要なのではないか。<
ご主人が会社員もしくは公務員であれば、定年までは5,000円でも不足ではないと思います。

気をつけていただきたいのが、現在ご加入のニッセイの入院保障です。
60歳払込、80歳まで保障とのことですが、多分、そのご契約は60歳の時点で、数十万円の追加保険料を支払わなければいけないのでは? 要確認です。

>東京海上日動あんしん生命の長割終身保険で、月額15000円程度で主人の60歳満期で、学資としても、死亡保険としても使えるものです。<
長割り終身は、払込満了の60歳より前に解約すると、戻ってくるお金が少なくなります。
教育費が必要となる時期をご確認ください。

>・死亡保障を少なくとも3000万円にしたい。<
死亡保障は「収入保障保険」(保険会社によって名称は異なります)をお勧めします。
一般的な、定期保険から比べると保険料は半額以下ですみます。
また、ご主人がタバコを吸わない方であれば、非喫煙者割引のある保険会社をお勧めします。
タバコを吸わない方は、それだけで10〜20%程度保険料が安くなります。

どんなにすばらしい保険を契約していても、健康を害して得をすることはありません。
ご主人には、健康に気をつけるようお伝えください。

回答専門家

清水 光彦
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)
株式会社清水保険資産設計 代表取締役

あなたの将来をアシストする"ファイナンシャルプランナー"

限りある人生、夢を実現するには人生の設計図が必要です。保険の見直しをはじめとする保険設計、資産計画の作成、資産形成と管理保全などをサポートしています。お金で悩まず、人生を楽しむためのトータルファイナンシャルプランを実現できたらと思います。

清水 光彦が提供する商品・サービス

対面相談

専門家FPの保険コンサルティング

保険の内容や保険料のギモンを専門家FPがスッキリさせます!

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

バランスの良い保険を・・

2009/02/16 17:49 詳細リンク

はじめまして、キュマンさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


保険見直しの時期には良い時期だと思います。

学資保険はご両親が加入した保険という事ですが、その上に学資保険に加入する必要があるでしょうか。私は学資保険はメリットのある保険だとはあまり思っていないので、お勧めしないのですが、既にご両親が加入されている保障の上にさらにお勧めできない保険に入らなくても保険でない貯蓄で教育費を貯められた方が良いと思います。


入院日額については考え方は分れると思いますが、公的な医療保険では高額療養費制度という、一定額以上の自己負担は加入している健康保険組合に申請をすれば、一定額以上が戻って来る制度がありますから、それほど多くの保障は必要ない場合もあります。

ただ差額ベッド代や先進医療費など対応できない費用もありますので、どこまで保険で準備しておくのかはそれぞれですが、私としてはそれほど多くの保障は必要ないのではないかと思います。
将来のインフレに備えてというのであれば、1万円での加入もあると思います。


死亡保障は、家族状況や貯蓄額・加入している年金などによっても変わってきますが、仮にお子様が生まれたばかりで3000万円の保障が必要な方でも、お子様が10歳くらいになれば3000万円も必要はなくなってきます。

死亡保障は時が経過するごとに減っていくので、収入保障保険のような保険でお子様が独立されるまでの保障を準備されておくのが良いと思います。
あとは配偶者の為の死亡保障をどれだけ準備するかで死亡保障は決まると思います。

またご主人さまの健康が不安でしたら、やはり健康なうちに生涯安心できる保険に加入されるのが良いと思いますが、貯蓄も不安な事も全て保険で準備するのではなく、保険と貯蓄は分けてご自身で準備できない所を保険でカバーをする様に考えられた方が良いと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険の見直しについて キュマンさん  2009-02-16 13:54 回答3件
保険の見直し、これでいいのか? mykmskさん  2012-03-18 10:10 回答2件
ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)