投資してもらう場合  - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投資してもらう場合 

法人・ビジネス 独立開業 2007/09/06 23:29

友人に出資してもらうのですが、その場合どうのような手続きになるのでしょう?

証券を渡すことになるのだろうと思いますが、どんなスタイルにすれば良いのでしょう?
配当については、友人は利益が出たらそのときで良いから と言っています。

フランチャイズの形なので、私が支払うものは、
・備品代
・保険代
・販売促進費用
だけです。それも既存の店をそのまま 店員が変わっただけ というイメージですから、利益が出たら というイメージが違っていて・・・

起業するというのはもっと大変なことでしょうが、あまり実感が湧かず 正直 戸惑っています。

よろしく お願いいたします。

補足

2007/09/06 23:29

中途半端な質問でしたのに、誠意を持ってお答えいただき 本当にありがとうございました。

おかげさまで、また新たな道を見つけることが出来そうです。
いずれは会社組織にして と思っています。

はっきりと決まったら、またご相談やらお願いに上がると思いますので、どうぞ よろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。

美英樹さん ( 千葉県 / 女性 / 52歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

1 good

再質問ありがとうございます

2007/09/07 23:35 詳細リンク
(5.0)

*回答のポイント
詳細を伺えず一概には申し上げられませんが、ご友人から受ける事業資金について、返済を予定しない ''出資'' として扱うのであれば ''会社'' 等 ''(*)'' を設立し受け入れる、また ''個人事業'' としての運営であれば、諸々のリスクを避けるためにも ''借入'' として受け入れ、 ''金銭消費貸借契約書'' を取り交わし、返済方法や金利など、美英樹さんとご友人との間の権利義務関係をはっきりさせておくことが得策と考えます。

''(*)'' 株式会社/合同会社/有限責任事業組合 など

** ◆ 解説
個人間の「出資」ということになると、''出資法'' の問題をケアする必要があり、その是非の判断は微妙です。 その出資法の規制の詳細についてはここでは省略させていただくとして、やはり今回の事業資金のご友人からの支弁については、個人事業を想定した場合「出資」ではなく「貸し借り」(美英樹さんからみて「借入」、ご友人からみて「融資」)と構成し、返済や金利の支払いなど条件を書面で取り決めておく取扱いが懸命ではないかと思います。
具体的には住宅ローンや車のローンを組む時と同じように ''金銭消費貸借契約書'' を取り交わすことにより行います。

また、出資法の問題以外にも、返済を予定しない個人間のお金のやりとりが ''贈与'' と見られ課税の問題が発生する可能性もあります。

ご友人との間のやりとりとは言え、やはり「お金」に関するデリケートな問題です。 法的な諸問題もさることながら、後々のトラブルへの発展が事業の存続そのものに、あるいはご友人との関係に、それぞれ致命的な影響を及ぼすリスクを考えると、事業を始められる現段階で、契約書により約束事をきっちり取り決めお互いが確認し合うことが大切なことだと思います。

補足

それでもなお「出資」というかたちをとる必要があれば、個人事業ではなく、会社(等)での事業運営を選択するかです。
例えば株式会社を設立し、「出資」をしてくれるご友人に「株」を持ってもらい、会社と株主(ご友人)との間の権利・義務関係と構成すれば、ご友人から調達した資金を問題なく「出資」として受け入れることができすっきりとします。

ただ会社での事業運営にはそれなりのコストもかかります。 経済的に果たして会社(等)での運営が美英樹さんの事業にマッチしているかどうかの判断は必要でしょう。

そうなると、出資の問題、契約書の整備、運営形態の選択、会社設立となれば株式の問題など、それぞれ複合事情を考慮した専門的な判断が必要になってくるので、一度専門家(行政書士さん・司法書士さん)にご相談されることをお勧めします。
また、私たちのパートナー司法書士をご活用いただくことも可能です。 必要に応じご用命いただければと思います。
(会社設立のお話に発展した場合のことを考えると司法書士さんへご相談される方がよいかもしれません)

もちろんその前段での再質問・お問い合わせも受け付けております。 ご遠慮なくご活用ください。

今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。



*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' / http://www.ysp-sharoshi.jp

評価・お礼

美英樹さん

ありがとうございました。

追記にお礼が載ってしまいましたね。まだ 慣れないもので失礼いたしましたm(_ _)m

最初は個人事業主という形で、でもなるべく早く 会社として という風に考えるようになりました。

現在休み返上で働いているもので、まだ税務署への届出も出来ていないし・・・

いろいろとありがとうございました。
今後とも よろしく お願いいたします。

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

小規模な書籍出版・販売、どのような形態で起業を? あさたびさん  2007-08-16 14:34 回答1件
友人と起業を考えています haru-bo-さん  2016-04-06 00:51 回答1件
喫茶店とネイルサロン みんたさん  2012-02-13 02:52 回答3件
個人事業の開設方法につきまして 太陽光さん  2010-02-15 10:30 回答3件
個人事業で友人に手伝ってもらう場合の手続き ワンワンさん  2008-07-26 22:38 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)