ご質問について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
趙 博來

趙 博來

- good

ご質問について

2009/08/31 10:53

初めまして。
税理士の趙と申します。
1.開業届けを出さない場合
収入は雑所得となり、収入のほうが多経費より多い場合は課税されます。
反面、収入より経費の方が上回った場合、給与所得と合算することができず、不利になります。
2.開業届けを出し青色申告を選択した場合
収入は事業所得となり、収入のほうが多経費より多い場合は課税されますが、最高65万円の青色控除額を差し引くことができます。
反面、収入より経費の方が上回った場合、給与所得と合算することができ、給与所得に課税された税金の還付を受けられます。
よって、2の開業届けを出し青色申告を選択した場合の方が有利だと思います。
なお、具体的な用件などについては、我々税理士にご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

副業を始めた時の確定申告

マネー 税金 2009/08/30 23:00

現在、2か所で給与をもらう形で働いています。
そのため確定申告をしていますが、
今後、現在の仕事に加え、事業所を持たない形で副業を始めたいと思っています。

業種はアロマ関係で、会場を借りて教室を… [続きを読む]

セラピストさん (埼玉県/44歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

給与所得と事業所得がある場合の確定申告 配偶者控除について アメジストさん  2013-10-09 06:03 回答1件
源泉徴収票のない収入の確定申告の仕方を教えてください くゆりんごさん  2013-03-01 19:53 回答1件
事業所得から給与所得への変更における税金について ヒガシさん  2010-08-28 13:13 回答1件
副業の収入と税金について rusierusieさん  2010-07-21 01:26 回答1件
副業の不動産賃貸の家賃の所得税について bb32bachiさん  2009-09-22 10:20 回答1件