まずは環境を整えましょう - 小川 亜紀子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子 専門家

小川 亜紀子
しつけインストラクター

- good

まずは環境を整えましょう

2008/06/30 19:42
(
5.0
)

お引越し後も屋内で長時間留守番をさせなければならないのなら、サークルかケージでお留守番させるようにした方が良いです。
留守番が長いからといっていきなり自由な状態で留守番をさせてしまうと、いたずらを覚えてしまいますし、事故(誤飲やケガ等)のもとにもなります。

ですから、何より飼育環境(留守番環境)を整えてください。

まずはサークルを用意して、子犬のころと同じようにトイレと寝床を設置して留守番をさせるようにしてください。
そうすれば、いたずら防止だけでなく、子犬のときはトイレシートで排泄できていたということなので、慣れてきたら留守中サークル内のシートで排泄してくれるかもしれません。
(今は散歩で排泄しているようなので、和邇丸さんが帰ってくるまで我慢してしまうかもしれませんが。)
※留守番が長いとトイレシーツをビリビリにする可能性があるので、カバー付きのトイレトレーを使うと良いと思います。

生活スタイルや生活環境が変われば、当然ワンちゃんの様子も変わります。
ですが、新しい環境になってもきちんと飼い主さんがその環境に合わせて対策をとれば、そのうち慣れていきます。

ワンちゃんを飼っていて、“全く環境や状況が変わらない”なんてことはありません。
なのであまり気にし過ぎず、引越されたら、「早く新しい生活に慣れて」というくらいの気持ちでゆっくり慣れさせてあげてください(^-^)

評価・お礼

和邇丸 さん

ご回答ありがとうございます。
留守番の時は犬が安心して安全に過ごせることを最優先してサークルとトイレトレーを準備したいと思います。
新しい生活に慣れさせるには、飼い主の方があせらず深刻になり過ぎないこと、も必要なのかもしれませんね。
アドバイスを参考に、犬共々頑張ってみます。ありがとうございました。

回答専門家

小川 亜紀子
小川 亜紀子
( しつけインストラクター )
Dog Signal

問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

愛犬の問題行動は飼主さんの接し方にあると言われていますが、実際にどのような接し方が正しいのかは分かりにくいと思います。飼主さんが愛犬と日々楽しい生活を送れるように、適切なしつけ方・接し方をアドバイスしています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

外飼いの犬を内飼いにするには

人生・ライフスタイル ペットのしつけ・訓練 2008/06/23 22:01

3歳の雄のMIX犬についてご相談します。昼間は庭の一角をフェンスで囲い、中に犬小屋を置いたところで、夜間は屋内の土間に入れて飼っています。近々引越し予定があり、屋内で飼育することになりまし… [続きを読む]

和邇丸さん (京都府/43歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

成犬の分離不安の改善方法を教えてください まりゆきさん  2015-11-02 20:42 回答2件
高齢犬の分離不安と留守番について kobu22さん  2014-05-13 14:45 回答3件
1歳の犬のトイレトレーニングについて教えて下さい。 モコMocoさん  2015-01-07 00:06 回答1件
犬の多頭飼いについて chamichamiさん  2008-10-15 13:15 回答1件
サークルを外す時期 Tiaraさん  2007-07-30 14:59 回答5件