「許可」と「認可」の違いについて - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
近藤 総一

近藤 総一
行政書士

16 good

「許可」と「認可」の違いについて

2006/09/18 03:59

はじめまして。
雫行政書士法務事務所の近藤です。
早速ですが、ご相談内容につきまして、回答をさせていただきます。

はじめに、「許可」とは、法令で一般的に禁止されている行為について、特定の場合に限ってその禁止を解除する行政行為をいいます。
少し難しい表現ですが、例えば、中古品の売買などを商売で行うことは、できません。なぜなら、中古品の中には、盗品等が含まれている可能性が高いので、そのような物を取り扱うことは禁止されています。そこで、中古品の売買などの商売をしたいときには、その禁止を解いてもらう必要があります。これが、古物商「許可」です。

次に、「認可」とは、第三者による法律行為を補充することにより、その効果を完成させる行政行為をいいます。
例えば、物の販売価格は、自由に売る側が設定できますが、公共料金については認可を受けなければ効力が生じません。

「許可」と「認可」の違いは、以上のような点ですが、大きな違いは、「許可」は、申請を受けた行政官庁の判断により「許可」がされたり、「不許可」だったりしますが、「認可」は、必要な要件(書類)を満たしてさえいれば、必ず認可がされる点になります。

また、「許可」が必要な職業と、「認可」が必要な職業の代表的なものは、次のような職業です。

【許可】
飲食店、建設業、運送業、個人タクシー、リサイクルショップ、一般廃棄物の収集運搬業

【認可】
社会福祉法人、学校法人

ただ、「許可」「認可」以外でも、「届出」「登録」「認定」等が必要な職業もありますので、ご注意ください。

最後になりますが、日本では許認可等が必要なものは沢山あります。
「自分がこれからやることには、許認可等が必要ない」と勝手に決めつけずに、事前に、ご相談いただければ幸いです。

以上が回答になりますが、ご不明な点やご質問がありましたら、ご遠慮なく、もう一度ご相談ください。

(現在のポイント:31pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

「許可」と「認可」の違いについて

法人・ビジネス 企業法務 2006/09/15 03:08

飲食店やリサイクルショップ、金融業などを営む際には、「許認可申請」が必要であるということを聞きますが、「許可」と「認可」は具体的にどう違うのでしょうか? また、「許可」が必要な職業と、… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

法人登記、賃貸アパートの住所でも申請できる? 専門家プロファイルさん  2007-10-25 18:40 回答1件
コンプライアンス経営を実現させるためのルール 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答2件
会社の清算に関しての質問です。 flyingkids999さん  2016-03-31 16:37 回答2件
個人情報保護とプライバシーマークについて 専門家プロファイルさん  2007-12-06 18:00 回答2件
個人情報って、どの範囲をいうの? 専門家プロファイルさん  2007-11-29 14:50 回答1件