どの様な食生活をベースにされていますか? - 大園 エリカ - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ダイエット

朝と晩体重差

回答数: 3件

筋肉痛と体重

回答数: 1件

MIROの飲むタイミング

回答数: 2件

閲覧数順 2016年12月08日更新

大園 エリカ 専門家

大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

3 good

どの様な食生活をベースにされていますか?

2014/10/23 14:15
(
4.0
)

これは私の体感的な経験ですが、動物性のたんぱく質の摂り過ぎは、特に女性には逆効果になるケースも多い様に思います。

例えば「炭水化物を控えて動物性蛋白質を増やす」というダイエットですが、一時的には効果が出ても、皆さん「停滞期」という壁に、必ずぶち当たる様な印象を受けます。

私が実践している「マクロビオティック(玄米菜食が基本のベジタリアンスタイル)」から観ると、動物性蛋白質は、身体を固く引き締め過ぎて、体重が落ちなくなるという現象ですね。

そして元の食生活に戻すと、その反動で逆に「太り易くなってしまう」傾向がある様に思えます。

私は基本が「ベジタリアン」なので、身体の感覚には敏感で、それを体感的に理解しています。(※そんなに厳格にしている訳では無いですが、基本として心がけています)

自分の場合、「動物性蛋白質」を摂り過ぎた後は、体が固く太く、とても重く感じて来るのと、尿などの変化から「腎臓を痛めている」という事が、体感として解ります。

又、脂肪や動物性の蛋白質の摂り過ぎは、肝臓を痛めるので、ストレスを感じ易い体質を作るともいわれ、その様に内臓が疲れるので、痩せづらくなるというものの観方が「マクロビオティック」です。

そして食べ物を「陰陽」という捉え方で観ますので、

「極陽(体を引き締め過ぎる)動物性の食品を摂ると、体はそのバランスで「極陰(体を緩ませ過ぎる)甘いものやアルコール」が欲しくなる体質を作り、「甘いものが止められない」という感覚が強い体質を作るというのが、マクロビオティックの見地から観た捉え方になります。

それで皆さん、ダイエットが「我慢」になってしまい、続かないという観方をするのです。

以上、ご参考になったかどうかは分かりませんが、自分の実体験からのアドバイスでした。

補足

もしマクロビオティックにご興味を持たれて「やってみよう」とお思いの場合は、自己流は逆に健康を損なう事がありますので、キチンと本などで勉強される事をお勧め致します。

ちなみに「マクロビオティック」は巷の栄養学とは全然違う食べ物への見方があり、キチンとした哲学のある食事法です。

発想の転換にも役立つかもしれませんので、機会がありましたら、勉強されてみて下さい。

完璧にできなくても、そういう発想で食生活を見直したり、「心がける」という事をされるだけでも、効果はある様な気が致します。

評価・お礼

まき さん

2014/10/23 16:36

早速のご回答、ありがとうございました。

『動物性たんぱく質が体を引き締め過ぎる』というのは
初めて知ったことで、目からうろこが落ちるようです。

当方、マクロビについての知識を全く持ち合わせておりませんので、
どのような食事法なのかを、まずは知るところから始めて
今後のダイエットに活かしていければと思います。

マクロビビギナー向けのおススメ書籍など、ご紹介頂けたら、嬉しく思います。
メニューなど実践中心のものであれば、尚更ありがたく存じます。

ともあれ、丁寧なご回答を、ありがとうございました。

大園 エリカ

2014/10/23 17:38

私のお勧めするマクロビオティックの本に、中 美恵さんや 中島デコさんの本があります。
彼女達の本は女性の立場で、ビギナー向けに分かり易い様に丁寧に親切に解説されておりますし、レシピなども一緒に紹介されております。

お食事の内容に付きましては、その人その人の体質により違いますので、私がここでご説明するより、まきさんご自身で本をお選びになって、マクロビオティック的なものの見方で、まずはご自分が「どの体質タイプなのか?」を本などでお知りになった方が良いでしょう。

本をお読みになるとお解りになると思いますが、西洋の「動物性蛋白質信仰」とは全然違う食べ物への解釈がありますので、それこそ「目からウロコ」の新しい発想が満載だと思いますので、楽しく発想の転換をなさってみて下さい。

マクロビオティック的に見ますと、今の西洋式食事が「この世の肥満や病気や精神疾患を増やしている原因」になっているという捉え方を致します。

例えば、昔は若い女性の「子宮筋腫」などはそんなに多くはありませんでしたが、今は学校で予防注射をさせるほど、多い病気と聞きますね?

その原因になっているのは「牛乳や乳製品の摂り過ぎ」というのは、マクロビオティックでは定説ですし、

昔はそんなに多くなかった、多くの成人病やアレルギー、又は鬱やヒステリーなどの精神疾患なども、戦後に西洋式な食べ物が日本に導入された結果と考えられているのです。(食べ物は性格を作るというのも、マクロビオティック的な観方です)

マクロビオティックに近いとされる、日本古来の食事法が、今西洋で流行っているというのもそういう観点からですが、

何故か日本の方の方が、それをご存知ないというのが不思議現象が、現在の日本の様です。


お返事と評価をありがとうございました。

回答専門家

大園 エリカ
大園 エリカ
( 東京都 / ダンスインストラクター )
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

体脂肪減少と体重減少のバランス

美容・ファッション ダイエット 2014/10/23 10:31

こんにちは、はじめまして。

今回のダイエットを始めて、もうすぐ半年になります。
開始から5ヶ月までは、-1kg・-1%/1ヶ月ペースだったんですが
ここ一ヵ月、体重減少が止まってしまったようで… [続きを読む]

まきさん

このQ&Aの回答

体脂肪の減少と体重の減少について 佐久間 健一(スポーツトレーナー) 2014/10/24 08:15

このQ&Aに類似したQ&A

年内に➖5キロ、体脂肪率➖8% kuroneko94さん  2014-09-15 09:35 回答1件
新たなダイエット計画 kuroneko94さん  2014-05-17 23:55 回答3件
痩せられない めい華さん  2014-10-17 19:03 回答2件
ダイエットしたい k...さん  2015-05-28 15:16 回答3件
ダイエット中の食事 korokoro2000さん  2015-05-19 09:07 回答2件