入口を広げた集客が必要か? - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

入口を広げた集客が必要か?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話



入口を広げるってことは
簡単なように見えて
仕掛ける側からすると
お金と時間がかかって
しまう
のは、
右肩あがりの経済状況で
メディアミックスを
使って広告することを
考えると
わかりやすいですよね。

誰でも
口説いていいよ!

って言われると
つい、欲がでてしまって
自分が定まらないうちは、
定説に頼ってしまったり
自説にこだわってしまったり
ふらふらする
プロセスが
はじまります。


過去を振り返ると
それも
必要な
プロセスだと
思えるのですが、
これから
はじめる人に
そういう
プロセスも
必要だと後で
わかると
伝えられるほど
時代は
ゆうちょうでないと
感じます。


だからといって
道を探す
修行的
プロセスに対して
安易なパターンや
ノウハウを
おしつけて
市場をせまくすることも
したくないですね。

じゃあ
どうするんだって
ことなんですが、
今、ぐるっと
時代がめぐって
明治から大正的とも
言われますが、
その時代をささえる
人間がかぶれた
考え方

その時代をささえる
人間がそだった時代の
環境

考えると
見えてきますね。

たとえば、一時期、
超はやったという
「石田心学」のような
考え方が
メーカーが
ダイレクト販売するときの
ヒントになると思います。


事例というものは
歴史と同じ
だと思うんですよね。

その事例をどう考えるかは
いろんな人と
会って話すしかないと
思います。

そんなとき
大事なのは
一人になる時間


いつも人と
会っていたり
つながっていたり
行動したりしたいなら、

この時間を
確保しないかぎり
ふらっと
いっちゃいます
ね。

食事でも
読書でも
クラシックでも
能でも
いいと思うんです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム

能登丼ランチ。#能登(2017/09/08 12:09)