「勘違い」 - 英語全般 - 専門家プロファイル

伊東 なおみ
ILSランゲージスクール 英語講師および日本語教師
東京都
英語講師および日本語教師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)
山中 昇
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「勘違い」

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般

みなさん、こんにちは!

急に空気が乾燥してきて、風邪をひく人が増えてきました。
みなさんも、体調にはくれぐれもお気を付けください。

さて、みなさんも海外旅行へ行った時や、外国に住みはじめた頃に、何かしら勘違いをしたことがあるかと思います。

私は、アメリカに留学したての頃、1年間ずっと柔軟剤(fabric softner)で洗濯物を洗っていました。日本には、柔軟剤が含まれている洗剤もあるので、それと勘違いしたわけです

服の黄ばみが早いなあ、、、と思いつつも、気がついたのは1年後。

さて、スーパーでよく見かける「万引き」防止のポスターを見かけた日本語を勉強している外国人の生徒さんですが、この「万引き」という言葉を、何と勘違いしたでしょうか??

ちなみに、「万引き」は英語で"shoplifting"ですが、"lift"は「持ち上げる」という意味の他に、「盗む」という意味もあります。万引きをする人は、"shoplifter"です。

似ている言葉の「スリ」は、"pickpocket"、直訳すると「ポケットをとる」になりますね。「スリをする人」としても、「スリをする」と動詞としても使うことができます。

例)
It's hard to catch a skilled pickpocket.(スリに手慣れた人を捕まえるのは大変だ)
I was pickpocketed yesterday.(私は昨日スリにあった)

では、答えです。

その生徒さんは、「万引き」を「一万円割引」と勘違いしていたのでした!

スーパーでそんなにたくさん割引があったら嬉しいですが、お店のほうはすぐに破産してしまいますよね

みなさんも、ことばや暮らしなどに関して、何かおもしろい勘違いをしたことがあったら是非教えてください!




 |  コラム一覧 |