上津原 章(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「老後の資金について」 - 専門家プロファイル

上津原 章
心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

上津原 章

ウエツハラ アキラ
( 山口県 / ファイナンシャルプランナー )
上津原マネークリニック お客様相談室長
Q&A回答への評価:
4.6/332件
サービス:2件
Q&A:938件
コラム:310件
写真:5件
お気軽にお問い合わせください
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

老後の資金について

マネー 家計・ライフプラン 2017/05/05 09:39

一般財形に250万、財形年金100万、貯金200万あります。株式に250万投資しています。妻はパートで働いています。(月6万程度)
家族構成は4人で夫婦と、子2人です。社会人ですが、まだ未婚です。
これから結婚が控えていますが、子にかかるお金は教育費等すべて終りましたので有りません。

さて、サラリーマン生活もあと7年で定年を迎えます。(60歳定年)退職金はある会社ですので、退職金を1,500万程度見込んでいます。
老後資金としては心許ないですが、これからどのように老後資金を貯めていけばよいか、アドバイスいただけますでしょうか?

ひまわりあすかさん ( 山口県 / 男性 / 53歳 )

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

1 good

老後の資金について

2017/05/08 12:34
( 5 .0)

ひまわりあすかさんへ
こんにちは。柳井市のファイナンシャルプランナー、上津原と申します。

老後のご心配、お察しいたします。
まずは、いくつか確認させてください。
資金繰りが変化する、大きなポイントになります。

・お子さまはいずれも社会人とのことですが、それぞれ自活できる状態ですか。
 結婚資金として、お二人にいくら準備してあげたいですか。
・マイホームはございますか。住宅ローンの返済は終わっておられますか。
・毎月の収入から、いくら貯蓄をすることができますか。
・株式投資から配当金はいくらでますか。株式投資は今後も増やされますか。
・退職金の1500万円は確かな数字でしょうか。
・60歳以降も働かれるご予定でしょうか。

上記の点が明確になった次に気になるのは、
・60歳時にいくら残るか。
・65歳時にいくら残るか。
です。
60歳から65歳の間に、現金預金を大抵の方は大きく減らされます。収入が少なくなっても、生活の質は急には落とせないからです。
資金計画もそのことを前提としたものになっていきます。

毎月10万円貯蓄すると、
7年間で840万円。12年間で1440万円となります。
毎月5万円とすると、この半分です。

65歳以降の話ですと、
弊社では、老後資金として2000万円を一つの目安としてお話しすることが多いです。
山口県の生活水準が大都市圏と比べてあまり高くないからです。
2000万円を20年かけて取り崩すとしたら、毎月8.3万円確保できます。
25年かけて取り崩すとしたら、毎月6.6万円確保できます。

メリハリある支出を心がけている方であれば、もっと少ない現金預金でも老後を乗り切れるケースもあります。

これらの話はあくまでも一般論ですので、
我が家のオリジナルとしていろいろ考えたいのであれば、ライフプランシミュレーションをされた方が確実なものとなります。

どちらにお住いかは存じませんが、いつでもご連絡をお受けいたします。

上津原マネークリニック 上津原

評価・お礼

ひまわりあすか さん

2019/08/18 15:48

返信が遅くなり、申し訳ございません。柳井市のファイナンシャルプランナー上津原さま
に回答いただき、誠にありがとうございました。
60歳時にいくら残るか。
65歳時にいくら残るか。
的確な回答をいただき感謝いたします。

上津原 章

2019/09/04 14:33

ひまわりあすか様

ご評価いただきありがとうございます。
2000万円は一つの目安です。大事なことはこれからどのような暮らしをされたいかではないでしょうか。
具体的な答えが欲しいようでしたら、いつでも弊社へお越しください。

上津原マネークリニック 上津原拝

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真