寺岡 孝(お金と住まいの専門家)- Q&A回答「HMの見積書打合せに同席お願いします」 - 専門家プロファイル

寺岡 孝
「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

寺岡 孝

テラオカ タカシ
( 東京都 / お金と住まいの専門家 )
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.4/516件
サービス:24件
Q&A:1,126件
コラム:1,929件
写真:41件
お気軽にお問い合わせください
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求
スマートフォンでも見れるホームページはこちら(※外部サイトへのリンクです)
スマホ対応HP

HMの見積書打合せに同席お願いします。

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2020/05/25 15:14

大手HMに建替工事を依頼。建築確認申請から約2カ月後、着工目前になって3,500万円の増額を知らされ、弁護士に相談中です。高齢の母がいるため、一日も早く安心できる家を確保したいという思いがあり、契約解除ではなく、支店移動と担当者の変更を弁護士を通して要望。しかし、その条件さえも現在は受付できないというHMからの回答です。現在、高額仕様等をキャンセルし、増額は1千万円強となっています。しかし、この見積明細内訳書を要求したところ、聞いていた高額設備・仕様採用による増額内容とは異なり、現場経費や諸経費でも増額、契約時見積書にはなかった運搬費や取付費の項目をつくりさらに増額し、トータルの数字を合わせている結果となっています。下記(1)で書いている通り契約時の見積書が意味のないものだったので、担当者も大幅変更で金額の把握ができていなかったと思われます。明細書を要求され、計算したところ増額金額に達さなかったため新たな項目等で金額を合わせているようなのです。また差額表や見積書、書類によって同じ建具や材料の値段が異なっています。当方の弁護士は特に建築分野に強い訳ではなく、現在かなり不利な状態です。支店移動、担当者変更も無理しれません。この不透明な見積書を一緒にHMに問いただして頂ける方を探しています。HMは神戸支店なので、兵庫県もしくは大阪で活躍されている専門家の方で、同席して頂ける方、アドバイスとともに、連絡先を教えてください。どうぞ、よろしくお願い致します。増額の要因は大きく2つあります。(1)契約時、他社プランとの折衷案を依頼。西川氏はそれを承諾。しかし、成績1位になりたいため9月中の契約をお願いされ、即契約となりました。そのため、契約書内の見積書は旧プランで作成されており、居室数も窓・建具数も異なる全く意味のないものでした。(2)契約後すぐに、煙突意匠やバルコニー拡大を建築士が提案し、構造部分で大幅増額(建確申請後なので元に戻すこともできません)。さらには、収納を含むすべての建具を特注にし、その額600万円以上。契約見積書73万円の石調タイルを560万円の天然石に変更など。これらすべて、一切金額説明なく行われました。設計案も杜撰で、依頼したものが収納できない物入れや内開きドアのトイレ、それでも先方は、金額面も設計面においても誠意ある対応をしているという回答しています。

321homeさん ( 兵庫県 / 女性 / 50歳 )

寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
建築プロデューサー

- good

HMの見積書打合せに同席お願いします

2020/05/26 00:10
( 5 .0)

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

さて、ご質問の件ですが、弁護士の方で建築の中身、例えば設計と見積の仕組みや連動性がどうなっているかや積算金額の妥当性など、吟味して精査、忠告してもらえる方はほとんど皆無に等しいかと思われます。

弁護士の方には、今回の事案の争点がどこにあるか、例えば、契約無効に該当するような法律上の抵触があるなどの争点があり、その点をHMに問いただしてもらい、是正させるということであれば話は別になりますが・・・

また、HM側に消費者契約法や建設業法、建築士法などの法律違反があれば、弁護士の方も争点が理解しやすかと思われますが、見積がその設計に対して妥当性があるかとか、おかしい点があるなどを指摘することは難しいかと感じます。

ちなみに、「契約後すぐに、煙突意匠やバルコニー拡大を建築士が提案し、構造部分で大幅増額(建確申請後なので元に戻すこともできません)」と投稿文面がありますが、別段、設計変更と構造計算のやり直し、再度の建築確認申請をさせることは可能です。
時間がかかると反論されるでしょうが、概ね1ヶ月程度で対処は可能かと思われます。

つまり、「できない」とHMが言うのは、単に「面倒だからやりたくない」ということでしょう。

さらに、HMが勝手に提案して金額が増額されたともありますが、金額が高いのであればやり直しをさせるべきですし、納得が行かないのであれば何度も設計や見積をやり直しさせて納得がいくようにされることかと思います。

当方の私見にはなりますが、HMとこうしたやり取りの時間は正直なところ無駄ですし、HMの営業や設計者との相性が悪いとなれば、この先の工事完成までの間、また同様な問題が起きるかと思います。
したがって、このHMとは解約を視野にいれながら、別の建築業者を探しておくことも必要でしょう。
この先、ずっとHMとのやり取りをされて解決の見通しがあればいいのですが、当方の経験上、難しいと感じます。
現在の設計図をもとに、他の建築業者であれば、いくらでも設計や見積は出してもらえるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

尚、有償にはなりますが、当方ではHMとの商談の同席は可能ですので、ご検討くださば幸いです。

また、個別のご相談や詳しい説明をご希望でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

■アネシスプランニング(株)寺岡 孝
http://www.anesisplan.co.jp/
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

評価・お礼

321home さん

2020/05/26 15:51

アネシスプランニング
寺岡様

何度もアドバイス頂き恐縮です。貴重なご意見をありがとうございます。
解約には後ろ向きな主人に、頂いたアドバイスを見せながら、
解約を視野に入れることを説得してみたいと思います。
ありがとうございました。

寺岡 孝

2020/05/27 00:55

この度は回答に評価をいただき、まことにありがとうございます。

このまま契約を継続して建築まで進めて行く場合、おそらく言った言わない、注文したモノや色と違うなど、工事中のトラブルの懸念は数多くあると感じます。
そうならないためには、現時点での設計内容や費用の妥当性の確認を入念に行っておく必要があります。

また、解約という話になれば、それまでに係った費用を払うことになりますが、消費者契約法の法律に抵触している旨が立証できれば、契約は無効解除、払った契約金などの費用を全額返還請求できる可能性はあります。

契約を継続するにせよ、解約するにせよ、そこでそれなりの労力がかかりますが、不満のままで施工して建物の引渡を受けても、ご本人らはその不満を持った家にずっと住むことになります。

逆に、HMの担当者らは建物を引渡をして代金回収をしてしまえば、建て主がその家に不満だろうが関係はありません。

こうした視点を鑑みながら、今後のHMに対する対応をお考えになられてはと思います。

なお、請負契約の解約方法についても、当方ではご相談を承っております。
宜しければご相談くださいませ。

以上、取り急ぎ回答の評価の御礼まで。

アネシスプランニング(株)
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真