向井 啓和(不動産業)- Q&A回答「買取の提案」 - 専門家プロファイル

向井 啓和
みなとアセットマネジメントの向井啓和 不動産投資のプロ

向井 啓和

ムカイ ヒロカズ
( 東京都 / 不動産業 )
みなとアセットマネジメント株式会社 
Q&A回答への評価:
4.5/235件
サービス:0件
Q&A:436件
コラム:140件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3442-2709
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

図面上は居室が実は納戸

住宅・不動産 不動産売買 2019/01/18 08:21

主人の実家が売却を検討しております。

約20年前に購入した建売の戸建で、図面には居室となっている部屋が納戸になると不動産会社より指摘されたそうです。

図面と実際が異なる為、もし買い手が見つかっても、その際銀行ローンがおりないので、対個人には売却できないとのことです。
そこで不動産会社より、現在の査定価格の60%で買い取りを提案されたそうです。

ちなみに20年前に購入した際に仲介をお願いした不動産会社と、今回売却をお願いしてる不動産会社は同じ会社です。

そこで疑問なのが、そもそも仲介した不動産会社には責任はないのでしょうか?
図面を直すなり、何か対策はないのでしょうか?

なんとなく年老いた義理の両親が不動産会社の都合の良いように言いくるめられてるように感じてしまい…

この不動産会社の提案が妥当なのかご教示願います。

ttamさん ( 東京都 / 女性 / 39歳 )

買取の提案

2019/01/18 08:44

内容を拝見しました。そもそも仲介した物件でその様な提案をするのは、例え20年前でもどうかと思います。


また、当時の図面との差異があっても現在の図面を作成・提示して売却すれば良いだけなのでローンが通らないという事はないかと思います。


それよりは築20年の中古物件自体が売れづらいだけかと思います。(新築指向が強いので…)


築20年でリフォームの状況等にもよりますが、もしあまりリフォーム等がなされていない場合には売却までかなり時間が掛かると思います。価格も安くなります。


どの程度実際に売れるかは分かりませんが他社にも打診して一般の顧客への売却可能額と買取価格を調査される事をお勧めします。


もし、都内であれば私も査定等ご協力いたします。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム