竹上 順子(研修講師)- Q&A回答「案内者は外側を歩き、お客様が内側を歩く」 - 専門家プロファイル

竹上 順子
We’ll move into action For you・・・

竹上 順子

タケガミ ジュンコ
( 研修講師 )
代表取締役
Q&A回答への評価:
4.9/10件
サービス:0件
Q&A:96件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0859-37-0770
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

階段でのご案内の仕方

スキル・資格 マナー 2018/08/31 10:35

うちの会社ではお客様を1階の事務所から3階の会議室にご案内することがあります。
エレベーターがないので、階段を使うのですが、お客様のどちら側を歩くとかあるんでしょうか。普段何気なく案内しているのですが、ふと疑問に思いました。よろしくおねがいします。

スノー2250さん ( 島根県 / 女性 / 37歳 )

案内者は外側を歩き、お客様が内側を歩く

2018/08/31 10:38

こんにちは、スノー2250さん。
階段はどのようなタイプのものでしょうか。
途中に踊り場があるらせん階段であれば、基本的には上がるとき、下るとき共に、「案内者は外側を歩き、お客様が内側を歩く」ようにします。
内側を歩くと、最短距離で移動できることになりますね。お客様の負担を最小限にするという気配りです。または、手すりのある側をお客様に歩いていただきましょう。

階段を上る時にはお客様の前を歩きますが、真っ直ぐ前を見て歩くのではなく、お客様側に体を向け、足は階段に対して斜めに置き、脚を交差させながら足を運びます。
このようにすると、お客様の状況を確認しながらご案内ができるため、万が一お客様に何かあったときにもすぐに手を差し伸べることができます。
そして、ご案内の際には、「足元にお気をつけ下さいませ」という気配りの一言を添えましょう。

オフィスでのちょっとした立ち居振る舞いも、会社の心づかいを表しますので、疑問点は早めに解決し、今後のお仕事に活かしてくださいね。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A