堀江 健一(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)- お客様の声 「お世話になっております」 - 専門家プロファイル

堀江 健一
何より優しく共感を持って、あなたの味方になります

堀江 健一

ホリエ ケンイチ
( 東京都 / 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー )
カウンセリングルーム エンパシィ 代表責任者
Q&A回答への評価:
4.6/36件
お客様の声: 15件
サービス:9件
Q&A:93件
コラム:189件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
070-6640-7990
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
堀江 健一(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)へのお客様の声 - 詳細一覧ページへ
お世話になっております
R.I. (30代 / 女性 / 千葉県) | 2014年07月04日
参考になった数:
0
日常生活を送っていて、何か生きているのが辛く感じていました。
それがなぜなのか?自分でも、何が悩みなのかわかっていませんでしたが、お話を聞いてもらっているうちに、自分はとても感情が鈍くなり、自分の気持ちと言うものが自分でもあまり感じられなくなってしまっていたことがわかりました。
普段の生活の些細な事など、私が思った事を題材にカウンセリングをしていただいているうちに、自分でも「こんな事を思っていたのか」と想いが頭に浮かんでくるようになりました。
すると、自然と人と話をする時も、「私はこんな事を思った」と伝えられるようになり、少しずつ人と話をすることも苦手では無くなっていきました。
元々の私の性格も引っ込み思案だったのでしょうが、両親に頼りきりで「自分の意見」や「自分の考え」というものをあまり考えて来なかった為に、自分と言うものを持たないまま大きくなってしまったことなどカウンセリングの中でお伝えしていただき、悩みの正体もわかり、具体的な目標が持てたことで、自分でもがんばって見ようと思えました。

バイトなどで外の世界にも出られるようになりました。
そして「親もいつかは死ぬ」という当たり前の事に気付き、恋愛や結婚のことも考えなくてはいけないと思えるようになりました。

最近の悩みとしては、私は「人と接する時、どこまで相手に踏み込んで話をして良いのか、わからない」というものでした。
カウンセリングの中で、「それは誰しも悩む所だし、難しいものだ」というお話を聞き、私だけが悩んでいるのではないし、相手もそれを計りながら、少しずつ縮めて行くものだ」とわかり安心したし、相手も同じなんだと気付けて、勇気が少し持てたような気がします。

でもまだ人と接する経験が少ないために、こんな時はどうすれば良いのかわからない不安がいっぱいあります。

これからもご相談させていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。
0人の方が、このお客様の声・評価コメントを「参考になった!」と投票しています。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム