青砥 浩史(モータージャーナリスト・インストラクター)- Q&A回答「学費は投資ですが時期尚早かもしれません」 - 専門家プロファイル

青砥 浩史
自動車の運転を理論的かつ社会的に解説できるインストラクター

青砥 浩史

アオト ヒロシ
( 千葉県 / モータージャーナリスト・インストラクター )
モーターワークス 
Q&A回答への評価:
5.0/1件
サービス:2件
Q&A:2件
コラム:3件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
0436-52-4400
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

私立小学校へ、金銭的に進学できるかどうか

育児・教育 子供の教育・受験 2018/11/23 20:45

我が家の家計から現在まだ2歳の娘ですが私立の小学校に入学させてあげられるか客観的なご意見をお聞きしたいです。

旦那は38歳で大手企業の平社員。
私は28歳で専業主婦です。
旦那の給料は手取りで29万円。
その内10万が住宅ローン、2万がマンション管理費と駐車場代。残り15万円で家計をやりくりしています。
赤字ではありませんが、カツカツな状況です。
給料から2万円は財形貯蓄に天引きされています。
ボーナスは年に2回で80万くらい。25万は住宅ローンに回ります。
住宅ローンは25年くらい残ってます。

私立小学校は初年度90万円、2年目以降60万円の出費です。
私は最初のうちは扶養内103万以下で働くつもりで、学年が上がり状況によっては正社員にシフトすることも検討していますが、月給25万円いくかいかないかだと思います。

旦那の給料で家計を、私のパート代で学費を、と思っているのですが、それだと結構苦しいでしょうか?

私は何としても行かせてあげたいと思っているのですが、諦めるべきですか?
ちなみに私立小学校受験にかかる塾代などの費用は諸々の事情があり計算に入れないものとします。

まいまいまさん ( 東京都 / 女性 / 28歳 )

青砥 浩史 専門家

青砥 浩史
スポーツインストラクター

- good

学費は投資ですが時期尚早かもしれません

2018/11/25 17:19

専門分野ではありませんが、3人の子供を大学に行かせて(まだ1人が私立大学生)大変な苦労をしている経験からのアドバイスです。

2歳のお嬢さんですと、自らの意思で私立小学校に行きたいと言い出すことはありませんし、まだ将来の様々な適性は不明な点が多いのではありませんか? 
なぜ、その私立小学校に入学させてあげたいのでしょうか?
どのような子育てのプランをお持ちでしょう。そこが最も大切だと思います。

文章から判断させて頂く限りでは家計に占める学費の割合が大き過ぎるのは明白ですから、よほどの理由がなければ難しい投資案件です。あえて投資と申し上げますのは、学費というのは子供のための親の投資であるからです。
小学校の段階から私立ということは、そのまま大学まで私立学校への進学を希望されているのかもしれませんが、かなりの投資額になりますから学資保険を積みながら学費ローンまで利用する必要があるかもしれません。明確な目的があれば適切な投資判断です。

私の場合は、子供が自ら進学の意思を示すまでは公立に通わせていました。私が国立大学出身なので、親の負担は大変だから国公立を目指して欲しいことを子供たちに話しましたら、長男と次男は努力して入ってくれましたが、よりによって2人揃って1年ずつ留年して余計な学費を払わされました。三男に至っては2年浪人してから私立大学入学です。
リターンを期待していない投資ですが「これだけ苦労して学費を工面しているのだから、一人前になってくれ」と思って資金繰りしたものです。

一般的に住宅ローンの支払いは世帯年収の30%が適正範囲(通常審査においては上限)とされていますが、書かれている内容からすでに住宅ローンの段階で40%に達することになります。現段階でも仰る通りにカツカツでしょうから、私は奥さんの働いた分の収入を豊かさ(特に家族で楽しく過ごすため)に回して、高額学費の負担はお嬢さんの適正を見極めてからでも遅くないと考えます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真