青砥 浩史

画像をクリックすると拡大表示します。

自動車の運転を理論的かつ社会的に解説できるインストラクター

青砥 浩史

アオト ヒロシ
( モータージャーナリスト・インストラクター / 千葉県)
モーターワークス 
昭和の時代はモータースポーツが安全運転の礎だった。自動車の性能以上にドライバースキルが事故回避を実現したのだ。自動運転が現実のものとなりつつある平成の終焉、運転が上手であること、テクニックを有する者は、スペシャリストとして昇華するのである。
0436-52-4400
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
千葉県 市原市
印刷画面へ

強み・特徴

マクロはモータリゼーションと交通インフラ、ミクロは自動車部品・用品や運転技術まで理論的かつユニークに解説

理論を明確に裏付ける本物のドライビングテクニックや危険回避ノウハウを惜しみなく披露

モータージャーナリストとしての幅広い執筆経験を礎に自動車単体から交通社会まで幅広く解説

バブルの栄華と崩壊を経験した事業キャリアとノウハウで、理論や数値だけでは実現できない経験に基づく分析と実行力を発揮
事業・企業再生戦略 社会的支援のある事業再生とは異なる、社会から切り捨てられた中小零細企業が復活するため、信用回復するためのノウハウを提案。
各種のスポーツ指導 モータースポーツ業界には優秀なドライバーは数多くとも、優秀な指導者は少ない。経験と理論に基づいた的確な指導が求められる。
各種のスポーツ指導・トレーニング パブリックな交通社会で安全担保が自動化される中、ドライビングスキルをシューティングのような新ライフスタイルとして提案。
対応エリア
  • 全国

対応業務

コメンテーター・解説者
もし高速道路で目の前に逆走車が現れたら、もし後方からスキール音とともに大型車が迫ってきたら、、身近に起こりつつある自動運転では回避できない事態に備える数多くのノウハウを提供します。インターネット、テレビ、ラジオ、ビデオ、新聞、雑誌など経験豊富でメディアを選びません。
自動車関連の執筆
モータージャーナリストとして30年、月刊雑誌編集長として3年、様々な執筆と編集経験を持っています。自動車雑誌のみならず婦人雑誌や新聞、オールアバウトナビゲーターなど幅広い執筆歴があります。自動車をキーワードとして、小さな部品から大きな社会まで、またスポーツから危険回避までのドライビングを誰にでも分かりやすい文章で解説します。
講演(自動車関連)
社会における自動車のあり方、ヒトとクルマの関わり方、交通事故を回避する知恵と技術、趣味としての自動車、極限の運転技術など、自動車を題材にしながら、全く違うテーマやゴールへのヒントまで幅広く興味深く提案します。
講演(事業再生)
青年実業家としての栄華から転落したバブル経済を経験。マイナスからスタートした自身の経験をノウハウとして積み上げ、誰かや何かを頼るのではない、自身の発想と行動力で困難を乗り越える方法は数多くの方々の共感を得ることでしょう。
ドライビングインストラクター
安全運転講習(主に危険回避や心得)から曲芸的ドリフト走行まで理論を実践して披露することができる希少なドライバー。豊富なレース経験とドライビング教室開催歴30年による信頼とビデオやテレビの一発撮りでも即時対応できるドライビングの正確さは、様々なリクエストに瞬時に応えます。自前のサーキット施設も持ち合わせています。
サーキット評論家(アナリスト)
ジャンルを問わないドライビングインストラクター、モータースポーツオーガナイザー、サーキット専門雑誌編集長、サーキット事業カウンセル、そしてサーキットオーナーとして、日本中のサーキットを網羅し、あらゆる立場で33年間サーキットに関わってきた屈指の専門家。
事業顧問
資格からではなく実務から様々な事業に携わってきた経験と数多くのアイディアは、労使双方の立場から業種を選ぶことなく即戦力となる。
シナリオライター
専門分野である自動車、モータリゼーション、事業再生はもちろん、感情移入できる、共感できるストーリーを書き上げます。恋愛、スポーツ、音楽、教育、政治、経済、法律など専門的でありながら解りやすい表現や手法を用いて構成します。

経歴

東京商船大学(現在の東京海洋大学)在学中に起業し、複数自動車雑誌連載、自動車関連イベント企画業開始5年で車楽人フェスティバル(幕張メッセ)をプロデュース。同時期に地方レースシリーズチャンピオンを経て全日本戦に参戦開始。バブル崩壊により投資で大失敗したのちドラテク専門雑誌編集長に就任して再起後、不良資産と不採算事業の再生コンサル事業を開始。再びフリージャーナリストとなり各メディア出演する。

1986年~1992年
イベントプロデューサー
学生時代に行なった日本初「サーキット走行会」と「お見合いホテルパーティ」などからイベント事業をスタート。テレビ東京主催「車楽人フェスティバル」の幕張メッセ開催でピークを迎えた。
1996年~1999年
自動車雑誌編集長
モータースポーツ専門雑誌「スピードマインド」の別冊編集長としてドライビングテクニック専門雑誌を担当。
1996年~1999年
ビデオプロデユーサー
雑誌の付帯業務としてコンビニ販売のセルビデオ制作(コンビニ販売用)を手がける。99年には業界初となるCDロムビデオ付き自動車雑誌の販売を行なった。
2003年~2004年
オールアバウトカーナビ・カー用品ガイド
カーナビ・カー用品の解説と新商品のインプレッションなどを幅広く担当
2007年~2018年
テレビ出演
2007年のTBS「2時ッチャオ」を皮切り、定期的に解説やコメンテーター、ドライバーとしてテレビ出演
1995年~2018年
不良債権不動産、不採算事業の再生
競売でも落札されないような訳あり不動産の正常化や、不採算事業の再生などのコンサルを行なっている。
1984年~2018年
ドライビングインストラクター
学生サークルから始めたドライビングレッスンを現在まで継続。モータースポーツのみならず危険回避テクニックや実践的安全運転講習なども数多く担当。
1985年~2018年
モータージャーナリスト
自動車関連の分野を問わない幅広い執筆歴を持つ
2009年~2018年
CEO
事業再生させた会社をベースとして複数の企業経営とコンサルティングを行なっている。
2010年~2018年
農地再生
事業再生の一環として農業生産法人(現在は農地所有適格法人)を設立し、非耕作農地における農業生産再開を地域的包括的に促進する事業を展開。

実績

学生サークルから始めたイベント係から幕張メッセにおける「車楽人フェスティバル(テレビ東京主催)」総合プロデューサーに、自動車同好会から全日本選手権レース参戦に、読者雑誌投稿から雑誌編集長・著作家に、肩書きだけの学生社長がバブルの洗礼を受けてのち複数企業CEOに・・・
資格や肩書きだけではなく、夢と目標を持ち続けてチャンスを逃さないこと、経験を積み上げてこそ手にすることが出来ることは数多くあります。
日本経済産業新聞カーナビ・PND評価委員
雑誌や新聞における解説記事と著作により、カーナビ普及期の新機種解説と評価を行なうようになる。
別冊スピードマインド(月刊誌)編集長
15年のコラム執筆歴と20年に渡るモータースポーツ実績を経てサーキットスポーツとドライビングテクニック専門雑誌の編集長に抜擢される。
オールアバウトカーナビ・カー用品ガイド
20年に渡るモータージャーナリスト歴を礎にオールアバウトガイドを担当しました。
テレビ出演
NHK、民法を問わずモータージャーナリストとして、ドライビングインストラクターとして数多くの番組に出演しました。
イベントプロデューサー
幕張メッセにおいて、テレビ東京主催、FMサウンド千葉後援「車楽人フェスティバル」の総合プロデューサーを務めました。

住所・連絡先・URL

専門家名
青砥 浩史(アオト ヒロシ)
事業所・屋号
モーターワークス
住所
290-0162
千葉県 市原市 金剛地301  南千葉サーキット
TEL / FAX
TEL:0436-52-4400 FAX:0436-52-4401
URL
http://www.driverlife.net/mcc (南千葉サーキット)
http://www.ratech.co.jp/ (サーキットポータルサイト)

※直接ご連絡される際は「専門家プロファイルを見て連絡しました。」と言って頂けるとスムーズです。
※専門家に対する営業や広告掲載に関するご連絡はご遠慮ください。

営業・アクセス情報

地図