家紋の彫刻。 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

豊田 康業
有限会社豊田彫刻工房 
インテリアデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
石田 美弥子
石田 美弥子
(インテリアコーディネーター)
石田 美弥子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2017年06月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
おはようございます。彫刻屋の豊田です。

寒暖の差が激しい日々が続いていますが、日差しもだんだん強くなり、春への歩みを感じる今日この頃です。

先日、紋章の彫刻を納めてまいりました。門の格子にケヤキの紋章をはめ込んだものです。
元来家紋とは、平安時代初期からの歴史があり、公家が使っていたものが武士に及び、旗に紋を入れて敵との区別を図るようになりました。明治時代になるまで庶民には苗字がなかったため、家紋で自分の出身を明らかにしていたようです。「エンブレム」と言われるもので西洋貴族が用いていますが、日本では庶民にも拡がったようです。家々の伝統を子孫に伝えるというだけでなく、日本の美としても大切にしていきたいものです。

もしかすると、その人ならではのルーツや人柄を示すようなオリジナルブランドデザインが、今後出現するかもしれませんね。