象と鎖の話し - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

武本 之近
株式会社グルコム 代表取締役
東京都
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
最近、昔のメンバーと会う機会が多く、思い出しましたので記載させて頂きます。


象と鎖の話し=固定概念の話し です。
(小象の時に、足に縛られた鎖で逃げ出せなかった象の話しです)


小象の時に、足に縛られた鎖。(逃げない様に縛られた鎖)

その数年後、象は何倍もの力を持ち、
小象の時に、足に縛られた鎖を簡単に引きちぎる力を持っていても、
今だに、足に縛られた鎖で逃げ出せずにいる。

なぜでしょう?
それは、小象の時に「何度となく、足に縛られた鎖」を引きちぎろうとしても、引きちぎれなかった
どうせダメだろうと言う強い固定概念に縛られて、その行動もおこさないからです。

最初は鎖に縛られて、いつの間にか固定概念に縛られていた。
こんな話しだったと思います。


皆さんはどうですか?
過去の失敗や、経験などが強すぎて、
固定概念に縛られてませんか?