2008年はInternet Explorer 7のシェアがあがる - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

田中 友尋
株式会社ハマ企画 代表取締役社長
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2008年はInternet Explorer 7のシェアがあがる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ニュースから

2008年はInternet Explorer 7のシェアがあがる(かも)


先日マイクロソフトよりWindows UpdateやMicrosoft Updateなどで「Internet Explorer 7」(日本語版)が「優先度の高い更新プログラム」とし配布されることがアナウンスされました。
Internet Explorer 7 の自動更新による配布

弊社が調査をしているブラウザシェアでもInternet Explorer 7はあまり普及していないようなので、ここで一気に普及させたいのでしょうか。
ハマ企画調査によるブラウザシェア(2007年11月)

Internet Explorer7 はInternet Explorer6とインターフェースがかなり変わってしまったため「使いづらい」という声を聞いたり、一部のリッチコンテンツとの相性が悪いという声も聞きます。
今回 Windows Updateにより自動アップデートされてしまうため、インターネット積極的ではない一般ユーザも自動的にInternet Explorer7となります。
Blocker Toolkitも配布されますが、一般ユーザは手間のかかることをしませんので2008年は2008年はInternet Explorer7のシェアが上がります。

コンテンツの制作にも少し影響がでるでしょうね。

ハマ企画