「ポスドク問題」で海外で不利になる日本の「夫婦別姓」制度 - 婚活全般 - 専門家プロファイル

山本 高臣
幸せ総合プロデュース ラ・ノヴィア 代表取締役
東京都
“パートナー婚”アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

木下 泰子
木下 泰子
(婚活カウンセラー 終活上級カウンセラー)
土井 康司
(婚活アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ポスドク問題」で海外で不利になる日本の「夫婦別姓」制度

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般

「夫婦別姓」にメスが必要な日本の古く時代に合わない結婚システム!

こんにちは。

フランス婚(事実婚)アドバイザーの山本です。

多忙を極める日本の研究員の学生たちは「ポスドク問題」の影響により海外での就職を目指す上で、
日本の結婚制度による「名字変更」が非常に不利になるそうです。


※ポスドク問題

大学で研究を続ける博士号取得者が大量に増えた影響による教育職のポストが減少する「就職難」



その結果、アメリカなどの海外の大学で活路をひらく場合、


独身時の名字の論文が業績として重要視される為、研究員同士で成熟した交際をしていても職が安定するまではあえて結婚しないそうです。



日本人同士で結婚したくても、現状の日本の結婚システムが彼らのキャリア形成に合わない為、
結婚できない現実なのです。。


国は「少子化」なんやらと訴える前に「現状の古く時代に合わない結婚システム」にそろそろメスを入れ、
どんどん結婚しやすいような緩和システムを導入していくべきではないでしょうか!?



「結婚システム」だけに限らず、この国における多くの「旧ルールの緩和」がこの国の未来の成長・発展へと
つながって行くと思うのですが。。


★事実婚から始める日本の新しい結婚の始め方「フランス婚.com」★
http://www.francekon.com

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

『プロボクシング 村田涼太さんから学ぶ夫婦学』 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2013/08/27 16:12)

夫婦逆転婚の「中村うさぎ」さん 山本 高臣 - “パートナー婚”アドバイザー(2013/05/23 14:37)

小森純の「夫婦割り勘」スマート婚!! 山本 高臣 - “パートナー婚”アドバイザー(2012/03/07 14:19)

『結婚』に繋がる出会いの場はどこにある? 千鳥 嘉也 - 婚活アドバイザー(2011/11/16 11:15)

50歳の結婚と起業 松井 千恵美 - マナーコンサルタント(2015/11/04 10:47)