『結婚』に繋がる出会いの場はどこにある? - 婚活全般 - 専門家プロファイル

千鳥 嘉也
株式会社エヌ・ワイ・エス・ディ 代表
東京都
婚活アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

木下 泰子
木下 泰子
(婚活カウンセラー 終活上級カウンセラー)
土井 康司
(婚活アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『結婚』に繋がる出会いの場はどこにある?

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般
婚活

皆さん、こんにちは!

東京と横浜で婚活パーティーを開催しているNYSD代表&婚活アドバイザーの千鳥嘉也です。

 

さて、年齢も妙齢と呼ばれる歳になったものの、「”婚活”って何から始めれば良いかわからない」という人は多いと思います。

そういった方の為に、結婚市場の現状分析から始めてみましょう。

そもそも、「”結婚”しているご夫婦は、何処で出会っているのか?」

ここにデータがあるので、見てみましょう。


【夫婦が出会ったきっかけ】(2010年)

・職場や仕事で・・・ 29.3%

・友人/兄弟姉妹を通じて・・・ 29.7%

・学校で・・・ 11.9%

・街中や旅行で・・・ 5.1%

・サークル/クラブ/習い事で・・・ 5.5%

・アルバイトで・・・ 4.2%

・幼馴染/隣人・・・ 2.4%

・見合い結婚・・・ 5.2%

・その他/不明・・・ 6.8%


資料:【第14回出生動向基本調査:結婚と出産に関する全国調査 夫婦調査の結果概要】


となっています。

このデータを見るときに、大事なポイントがあります。

上位から見ていくと、「職場や仕事で」、「友人/兄弟姉妹を通じて」、そして「学校で」となっており、この上位3つだけで約7割を占めている点です。

と言うことは、もしあなたが

・職場や仕事 ⇒ 恋愛対象となるような異性がいない

・友人/兄弟姉妹を通じて ⇒ 家族は当てにならず、友達が少ない

・学校 ⇒ 卒業している

という状況にあるのであれば、出会いのきっかけの7割は失っていると考えられる訳です。

もっと言えば、「会社と家との往復だけの毎日では、結婚に繋がる出会いは期待できない」ということがお分かり頂けると思います。

 

あと、未婚の女性とお話すると、よく出てくるのが、『自然な出会いがしたい!』という言葉です。

その言葉の意味するところは、「学校や職場、または本屋など日常生活の場での偶然的な出会い」ということだと思います。

しかし、上記の通りで、それを期待するのは確率的にあまり賢い方法ではないということがお分かり頂けると思います。

そのため、自分を客観的に見え、目端が利く人の方が積極的に有料・無料の婚活サービス(出会いのツール)を早く利用されているのが現実ですね。

「30歳までに結婚できなかったら、お見合いパーティーに・・・」とか、「35歳で独身だったら、結婚相談所に・・・」という方が多いですが、それも思い違いです。

女性は30歳、男性は35歳を過ぎると、年々結婚市場における相対的な価値が落ちてくるのは、ご存知の通りです。

これは、一般人はもちろん、芸能人であっても同じです。

今更ながらですが、「若さ」は資産なのですね。

ピークを過ぎるということは、「時間の経過とともに選べる相手の数が減ること」を、ストレートに意味します。

「出会いのカタチ」ばかり気にして、「幸せな結婚」が遠のくのは、本末転倒だと思います。

某TVコマーシャルではありませんが、 『婚活は計画的に!』(笑)

 

★婚活パーティー&お見合いパーティー | 東京&横浜で週末の婚活は【NYSD】 http://www.nysd.jp

このコラムに類似したコラム

お見合いは、お着物がよろしいでしょうか? 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2014/01/11 17:00)

婚活に勝つ?喝? 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2013/10/18 15:00)

結婚相談所で活動しても、恋愛なれしていないとね・・・・ 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2013/08/04 18:03)

サマンサ・ジョーンズを見習って! 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2013/07/12 15:17)

結婚したい人へ 幸せな結婚をするための婚活 森田 守亮 - 婚活アドバイザー(2013/01/30 14:13)