エクステリアデザイナーかプエクステリアランナーか - エクステリアデザイン - 専門家プロファイル

佐藤 正和
株式会社トップテクノ 
エクステリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:エクステリア・外構

江藤 繁
江藤 繁
(エクステリアコーディネーター)
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)
中島 通泰
(ガーデンデザイナー)

閲覧数順 2017年06月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

エクステリアデザイナーかプエクステリアランナーか

- good

  1. 住宅・不動産
  2. エクステリア・外構
  3. エクステリアデザイン
エクステリアデザイナーとプランナーとどう違うのでしょうか
という質問を時々頂きますが、
「どちらもお客様の外構、エクステリアのプランを形にするという意味で同じです。」
とお答えしています。
本来別の職種のはずなのですが、今はほとんど同じような使われ方をしているからです。

当のデザイナーなり、プランナーにはプライドやこだわりがありますから
それぞれの呼び方に敏感に反応する人もいますが、
お客様の立場から見れば、デザイナーでもプランナーでも
良いプランを出してくれれば良いというのが正直な
気持ちではないでしょうか。

ただ、言葉の持つ意味を考えると
プランは「計画」
デザインは「意匠」なので、
お客様個別にオリジナルデザインを起こしている弊社は
名乗るなら、エクステリアデザイナーとするのが自然と感じています。
ですが、今社員の肩書きには「エクステリアプランナー」と印刷してあります。

自戒の念をこめて言うと、
「○○デザイナー」と名乗る人の中には自分の意匠に自惚れしてしまい、
何のためのデザインかを置き去りにしてしまう人がいます。
世の中にはそんな「妙にえらそうなデザイナー」がちらほらいます。

客観視することを忘れず、なおかつ、独自の美意識と経験と知識を併せ持ち、
謙虚に仕事をする事。
大切なのはバランス感覚です。
お客様それぞれにベストがあるのですから。

肩書きが仕事を作るのではなく、
肩書きは仕事が作るので、
私としては、デザイナーと呼ばれようがプランナーと呼ばれようが、
良い仕事をするが勝ちと思ってます。
 |  コラム一覧 |