音楽はコンテンツの一つに過ぎないのだろうか? - カラオケ教室 - 専門家プロファイル

うえむらかをる
歌手 リズム・ボイストレーナー 音楽講師
東京都
音楽家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ボーカルレッスン

うえむらかをる
うえむらかをる
(音楽家)
田中 真由美
田中 真由美
(英語発音スペシャリスト)
本山nackeyナオト
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
うえむらかをる
(音楽家)
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

音楽はコンテンツの一つに過ぎないのだろうか?

- good

  1. 趣味・教養
  2. ボーカルレッスン
  3. カラオケ教室
ボイストレーニング(ボイトレ) ボーカルレッスン

25歳くらいの男子と最近の音楽の話していて、はっとしたのが彼の口から出た「コンテンツの一つ」と言う言葉。
そうか、若者の音楽の聞き方はこういうのがが多いんだ。
私達の青春時代は、ひとつの曲にもっと深い感情移入があって、その曲が無ければ生きて行けないくらいの、大切な配偶者、つれあいだった。
なぜ、コンテンツの一つになってしまったのかは、色んなところでコメントしてるから、今回はあえて省くけど、
たとえばレコードからCDになってから、低周波高周波がカットされた音楽を聴くようになり、MP3になって携帯ヘッドフォンで音楽を聴くようになってから、ボディで音を感じる事がなくなり、その結果が「歌詞がいい」からその歌が好き、と言う選択しかなくなってしまったんだろうと思う。

多少リズムが狂ってても、音程が悪くても、MP3だと適当にかわしてくれる。
じゃあ、ちょっと声のいい俳優が、バックのサウンドに乗せて、歌詞を朗読してるだけでもいいんじゃないかな?と思ってしまいます。
そうか、だから、ラップでいいんだ。
ん?待てよ。でも、日本語のラップは、ヘタな坊さんのお経みたいだぞ〜。
何言ってるかわかんない。
ある女の子が、商店街の有線でかかってるJ-ラップを耳にして、何処かで魚屋のおっちゃんが呼込みやってると思った〜!と言ってたけど(まじで)
イヤ、それならかさぎしずこさんの買い物ブギの方が、内容がよく伝わって来ます。

「コンテンツの一つ」になってしまった音楽を、「生きる糧」の音楽へと回帰するのは、もう夢の藻くずなんでしょうか?
私のように英語やスペイン語でR&Bやラテンを歌って(日本語も歌うけど)お客さんに来てもらいたくても、結局はブルーノートで本場のミュージシャンを聞く方がいいんだってことになるんでしょうか?
ただ、私のライブチャージは海外タレントの半分以下ですけどね〜(^_^)

このコラムに類似したコラム

歌手になるための30ヶ条 田中 真由美 - 英語発音スペシャリスト(2014/11/18 11:50)

トニー・ベネットのドキュメント うえむらかをる - 音楽家(2013/11/11 12:00)

さあ いよいよあと一週間が勝負です! 牧野 俊浩 - 音楽家(2013/09/26 17:25)

ライブ鑑賞とポール・サイモン うえむらかをる - 音楽家(2013/06/30 11:01)