雑誌「旅」が最終号を迎えました - コラム - 専門家プロファイル

株式会社井門観光研究所 代表取締役
旅館・民宿プランナー
03-3265-7255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雑誌「旅」が最終号を迎えました

- good

こんにちは。山田祐子です。
冬真っ只中ですね。
末端の冷え性の私は、去年“耳”がシモヤケになってしまったので、
今年は、青森の旅館で買ったフワフワの“ラビットファー耳あて”で防寒しています。

雑誌「旅」が最終号を迎えました

http://www.shinchosha.co.jp/tabi/

季節がら、ファッション誌や情報誌で温泉や宿が特集されています。
ダウンライトの雰囲気ある写真に情緒あるコピーライト。
どれも、魅力的に感じますね。
ですが、取材の量や細かさでは、残念ながら雑誌「旅」とは比べものになりません。

宿は旅という劇中にある舞台装置にしか過ぎない思います。
「旅」は、そこで生きる人々というキャスティグ、観光資源という演出を提案し、旅をひとつの物語に仕上げてくれた雑誌だったと思います。

なぜ、「旅」が休刊になるのか。
それは、部数のせい?
なぜ、部数が伸びないのか?
それは、雑誌を「特集」とか「見出し」でつまみ食いする消費性向のせいではないでしょうか。

「旅」のように、「特集も見出しもあるけれど、その他の読み物も充実している」という必要がなく、「その他の情報は広告で十分」ということになってしまったのかもしれません。そのほうが広告収入も入りますし。

欲しい情報だけつまみ読み。
まさしくネット時代の情報収集の仕方。

そうではなく、「余白にこそ、教養や文化が詰まっている」という、余裕のある読み方が復活して欲しいものです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(旅館・民宿プランナー)
株式会社井門観光研究所 代表取締役

元ホテリエならではの現場目線で、宿のイノベーションをお手伝い

宿業は「好きでないとできない」言われるほどつらい商売。でも、地域経済を支える大黒柱。マーケットの時流を読み取り、元ホテリエ、旅行業務取扱管理者、温泉ソムリエ、唎酒師という表も裏も知り尽くした立場から、集客できる宿泊施設のお手伝い致します。

03-3265-7255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

良い事のみならず悪い事も予め開示する心! 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2014/10/29 11:00)

サイトの目的について感じる事 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2014/10/24 12:00)

Spazio Biancoが持つ世界観のはじまりです! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2014/05/28 12:00)

住宅ローンの情報&相談サイトを開設しました 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2014/03/28 19:40)

流行りのパンツのファッションとヒップの形 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/02/18 15:00)