ご相談案件から - 診療所の経営と開業 - 専門家プロファイル

柴崎 角人
柴崎行政書士事務所 代表
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ご相談案件から

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 診療所の経営と開業

医療法人を運営されている方で、毎年の事業報告書や決算届、役員変更届など、ご自身で作成、提出されている方もいらっしゃることと思います。

毎年、丁寧に管理されている場合には全く問題ないのですが、一度疎かになってしまうと、ついつい放置されてしまい、気が付くと、もう何年も理事(役員)の変更届を出してないのでは?!・・・なんてことに。

また厄介なことに行政側も毎年、1件1件催促や問合せをしてくれるわけでもなく、自己管理ができていないと、いったい今現在、自分の医療法人の理事が誰になっているのだろう、という事態も起こり得るのではないでしょうか。

納税の問題がありますので、お金の方の管理には目がいっても、直接的に影響が出ない行政手続きは後回しが相場ではないでしょうか。

しかしながら、主たる事務所を移転しようとしたり、理事に欠員などが発生したときに、いざ変更しようと思っても、現状把握できていないと手続きに苦慮することになってしまいます。

税理士の先生方が手の届かない部分をカバーできるのは、我々行政書士の役目です。

困ったことになる前に手を打ちましょう!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

診療所の管理者の変更 柴崎 角人 - 行政書士(2012/11/18 15:00)

医療法人設立認可申請大詰め 柴崎 角人 - 行政書士(2015/02/17 20:38)

持分なし医療法人への移行認定制度 柴崎 角人 - 行政書士(2014/09/28 14:15)

医療法人の備え付け書類 柴崎 角人 - 行政書士(2012/11/12 22:53)

医療法人の社員と役員を変更する場合のポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/05/16 21:29)