都道府県の人口統計 - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

都道府県の人口統計

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
ウェブアナリストの視点

環の小坂です。

●ウェブマーケティングでも人口統計を使う。

ウェブマーケティングもマーケティングですから、
ターゲットのセグメントや市場調査データの活用などを行います。

その中でも人口に関するものは重要なデータです。

・例えば、商圏に関してだと
 東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の人口は約3500万人
 大阪圏(大阪・京都・兵庫・奈良)の人口は約1800万人
 名古屋圏(愛知・岐阜・三重)の人口は約1100万人
 福岡圏(福岡・佐賀・熊本・大分)の人口は約900万人
 です。

 この「○○圏」もビジネスの内容により解釈を変える必要があると思います。
 BtoBの商圏、ショップの商圏、学校(通学可能)の商圏など内容により
 広さは変わってきます。
 また、広さや時間だけでも決まりません。
 東京では1時間以上の通勤時間の人はめずらしくないですが、
 名古屋で働いていたころは30分以上でも長いと言われていましたし、
 岡山にいたころはもっと短く感じました。

 面積のデータや人口密度もその辺の判断には役立つと思います。
 神奈川県・大阪府・愛知県は人口には大きな差はないですが、
 人口密度には大きな差があります。
 (愛知県は他二つに比べてかなり少ない。)

 そういった要素により、東京圏に茨城・栃木・群馬を含めたり、
 大阪圏に滋賀や和歌山を含めたり、名古屋圏に静岡を含めたりもします。

・全国でビジネスを展開する企業だと、企業数や本社数等も重要でしょうが、
 わかりやすいデータということだと人口ではないかと思います。

 人口のセグメントは「商圏」や「都道府県」等の地域属性や、
 年齢、職業などがあります。

 参考までに総務省の統計局のデータを抜粋してみます。

●年齢別人口

下記は総務省統計局が出しているデータです。

23年11月概算値(http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2.htm#02 より)
単位万人
年齢   合計 男 女
0 ~ 4歳  541 278 263
5 ~ 9  547 280 267
10 ~ 14  593 304 289
15 ~ 19  604 309 295
20 ~ 24  656 336 320
25 ~ 29  732 376 357
30 ~ 34  796 404 392
35 ~ 39  957 485 472
40 ~ 44  928 468 460
45 ~ 49  792 398 394
50 ~ 54  761 380 381
55 ~ 59  826 409 417
60 ~ 64  1053 515 538
65 ~ 69  784 374 410
70 ~ 74  721 335 386
75 ~ 79  615 270 345
80 ~ 84  450 178 272
85歳以上  419 121 298

傾向として
・60~64歳のいわゆる「団塊の世代」が最も多く、
 次いで35歳~44歳のいわゆる「団塊JR」が続いています。
 そこから下はがくっと落ちています。
・65歳以上が3000万人近くいるのに対して、20歳未満は2300万人程度。


●都道府県別人口

下記も総務省統計局が出しているデータです。
21年の国勢調査のデータ(http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001029286&cycode=0

番号 都道府県 合計  男  女
 全    国 127,510,000 62,130,000 65,380,000
    
01 北 海 道 5,507,000 2,599,000 2,908,000
02 青 森 県 1,379,000 648,000  731,000
03 岩 手 県 1,340,000 639,000  701,000
04 宮 城 県 2,336,000 1,132,000 1,204,000
05 秋 田 県 1,096,000 514,000  581,000
    
06 山 形 県 1,179,000 565,000  613,000
07 福 島 県 2,040,000 989,000  1,051,000
08 茨 城 県 2,960,000 1,473,000 1,488,000
09 栃 木 県 2,006,000 997,000  1,009,000
10 群 馬 県 2,007,000 988,000  1,020,000
    
11 埼 玉 県 7,130,000 3,586,000 3,544,000
12 千 葉 県 6,139,000 3,066,000 3,073,000
13 東 京 都 12,868,000 6,403,000 6,466,000
14 神奈川県 8,943,000 4,508,000 4,436,000
15 新 潟 県 2,378,000 1,149,000 1,229,000
    
16 富 山 県 1,095,000 528,000  568,000
17 石 川 県 1,165,000 562,000  603,000
18 福 井 県 808,000  390,000  418,000
19 山 梨 県 867,000  424,000  443,000
20 長 野 県 2,159,000 1,049,000 1,110,000
    
21 岐 阜 県 2,092,000 1,013,000 1,079,000
22 静 岡 県 3,792,000 1,870,000 1,922,000
23 愛 知 県 7,418,000 3,729,000 3,689,000
24 三 重 県 1,870,000 910,000  960,000
25 滋 賀 県 1,405,000 695,000  710,000
    
26 京 都 府 2,622,000 1,258,000 1,364,000
27 大 阪 府 8,801,000 4,258,000 4,542,000
28 兵 庫 県 5,583,000 2,671,000 2,912,000
29 奈 良 県 1,399,000 663,000  736,000
30 和歌山県 1,004,000 471,000  533,000
    
31 鳥 取 県 591,000  282,000  309,000
32 島 根 県 718,000  342,000  376,000
33 岡 山 県 1,942,000 931,000  1,011,000
34 広 島 県 2,863,000 1,383,000 1,480,000
35 山 口 県 1,455,000 685,000  770,000
    
36 徳 島 県 789,000  374,000  415,000
37 香 川 県 999,000  479,000  520,000
38 愛 媛 県 1,436,000 675,000  761,000
39 高 知 県 766,000  359,000  408,000
40 福 岡 県 5,053,000 2,390,000 2,663,000
    
41 佐 賀 県 852,000  400,000  452,000
42 長 崎 県 1,430,000 667,000  763,000
43 熊 本 県 1,814,000 852,000  961,000
44 大 分 県 1,195,000 563,000  632,000
45 宮 崎 県 1,132,000 531,000  601,000
    
46 鹿児島県 1,708,000 796,000  912,000
47 沖 縄 県 1,382,000 677,000  705,000

・埼玉県・神奈川県・愛知県だけが男性が女性を上回っています。
 これは工場等が多く、働く人を集めているからではないかと思います。
・これはいわゆる「夜間人口」で「昼間人口」ではありません。
 ビジネスにおいて「商圏」で考えた方がいいのは、周辺の地域から中心都市に人が流れるからです。
 神奈川・千葉・埼玉から東京に通っている人はかなりいるでしょう。
 東京の昼間に人口は2000万人超えるのではないでしょうか?
 大阪や名古屋にも同様のことが言えますが、名古屋は周辺人口が少ないので、
 大きな差はないんじゃないかと思います。
 ビジネスをしていると、人口差以上に東京の規模が大きく感じるのはここにあると思います。
 夜間人口だと、東京は大阪や愛知の倍もないのに、ビジネス規模は数倍に感じますよね。

総務省統計局のデータは多少古い場合もありますが、
役立つものが多いのでお勧めです。

ウェブ解析士認定講座:http://www.web-mining.jp/?sibullaid=25834477

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ウェブアナリストの視点」のコラム

ウェブ解析ツールの選び方(2015/02/18 15:02)

このコラムに類似したコラム

グロースハックとかコンテンツマーケティングとか 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2015/08/27 20:10)

未来のSEO 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2015/08/21 22:00)

オープンデータとは? 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2015/07/11 11:16)

6月・7月セミナー予定(営業向け・自治体向けなど) 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2015/05/22 09:49)

ウェブ解析ツールの選び方 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2015/02/18 15:23)