一般論から(その1) - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一般論から(その1)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険営業職の貢献・役割について
よく、「生命保険なんか、大嫌いだ」とか「保険セールスの方がしつこくて・・」
というようなことを耳にしますね。

これらは、生命保険自体の必要性を感じない、提示された商品に魅力を感じないという理由のほかに、高くて見えないものという特性も関係しているものと思われます。

しかし、もう1つの特性として、「加入資格が問われている」ということを忘れてはなりません。
皆さんのスケジュール表は、来月もいっぱいになっているでしょうが、これは、裏を返せば、「無事である前提」のお話ですよね。

毎日、誰かが、ケガを負ったり、体調を崩してしまったり、不慮の事故で死に至ったりしているわけです。
自殺者は3万人、交通事故死者は1万人弱というデータはどこかで見聞きしていると思われますが、年間死亡者は、果たして、どのくらいにのぼるのかは殆どの方はご存知ではないでしょう。

はたして、何万人になると思いますか?

実は、なんと、約「100万人」の方が毎年、「帰らぬ人」となってしまうのです。

先程の事例からしても、現在の加入資格は100%だとしても、「明日の加入資格は100%ではない」のです。

<次回へ続く・・>