安い保険を探す前に・・・ - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

安い保険を探す前に・・・

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
「生命保険とは、人生で、不動産の次に高いもの」という言葉をよく聞きませんか?
「だからこそ、できるだけ、安いものを探し出して、入りたいんだ」と・・・
確かに、その通りです。
しかし、ここに落とし穴が2つあることを知っておいて欲しいのです。
まず、1つ目は、「安いものを探し出す」前に、「自分や家族が抱えるリスクの状況を把握し、それを十分
カバーできる設計を意識」しないと全く無意味であるということです。
残念なことに、保険に携わっている方を含めて、多くの方が、この点を見落としています。
ここをショートカットして、商品の優劣をいくら熱く語っても、キリがないですし、真の意味での解決にはなりません。
2つ目は、「安いものには、何かを削っているからである」ということです。
保障額が低く、保険期間が短ければ、とても安い設計プランとなります。
しかし、保険期間を短くした分、更新時の掛金は高騰することを覚悟しなければなりません。
もしくは、同等の掛金で更新するためには、保障額を削減しなければなりません。
そもそも、保険設計とは、
「万が一の際、○○○○万円の給付を受けさせたい」ということでなく、
「万が一の際は、経済的レベルを落とさない生活を遺族に提供したい」という
ものが前提にある筈です。
ここを原点にすれば、上述の「安いものを探し出す」前に、「自分や家族が抱える経済的リスクの状況を
把握し、それを十分カバーできる設計を意識」すべきというのがご理解戴けるのではないでしょうか。
 |  コラム一覧 |