少子化と住宅の長寿命化 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

林 秀成
上席プロデューサー
福岡県
建築プロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

少子化と住宅の長寿命化

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

少子高齢化が叫ばれはじめてもうどれくらいになるでしょう。

いろいろな議論は行われているのでしょうが、少子化のスピードは
一向に衰えることなく益々その勢いが増しています。

昨年末の国土交通省の発表によると2050年の日本の人口予測は、
9,515万人(高齢化率39.6%)。1億人を切ります。

そしてその50年後の2100年には4,771万人。
100年前の明治後半の水準にまで減少していくそうです。

その結果、いま人が住んでいる地域のうちの2割が、
誰も住まない無居住地域になる可能性があるとか。

異常なほどの人口減少により、日本という国はその国力が大幅に
低下することは間違いないと思います。

■『国土の長期展望に向けた検討の方向性について』
(平成22年12月17日:国土交通省 国土計画局)
⇒ http://www.mlit.go.jp/common/000134593.pdf

人口減少はこれからの日本にとっては最大級の深刻な問題です。
また何らかの対策を打てばすぐに効果がでるものではありません。
国レベルで、今すぐに本気で対策を講じる必要があります。

いま新築住宅では。長期優良住宅が注目を集めていますが、
住宅の長寿命化が進んでも、そこに暮らす人が居なくなれば
まったくの本末転倒です。

2003年に少子化社会対策基本法が成立して、内閣府にも
少子化担当大臣が置かれてはいますが、兼務であったりして
本気で取り組んでいるようにはまったく見えません。

小手先ばかりの対策はもういい加減やめにして、抜本的な対策を
講じて欲しいものです。でなければこの国は滅んでしまいます。

このコラムに類似したコラム

結局、家はどうなるのか? 杉浦 繁 - 建築家(2012/03/21 17:07)

匠でなく建主のための Before/After 岩間 隆司 - 建築家(2014/08/05 10:38)

東大和市の住宅 1年後 志田 茂 - 建築家(2013/10/19 18:44)

家族大好きな人のための家づくり相談 志田 茂 - 建築家(2013/08/16 22:30)

目のつけどころが ・・・ダメでしょ 志田 茂 - 建築家(2013/07/11 16:30)