本が17冊届いたので。 - コラム - 専門家プロファイル

高安 重一
有限会社アーキテクチャー・ラボ 代表取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本が17冊届いたので。

- good

今年読もうと思って注文した本が17冊届いた。

気になる本をメモしておいて、
まとめて注文するときにまだ読みたければ注文するようにしてる。

相変わらす、写真集が多い。
西澤丞の「Build the Future」
野口克也の「発光都市TOKYO」
二つとも都市を撮ったものとも言えるけど、
都市関連では、
ジェイン・ジェイコブスの「アメリカ 大都市の死と生」を購入。
黒川記章の部分訳はあったけど、全訳が出版されたもの。
他に、明治・大正・昭和の日本を撮った「東京遊覧」「懐かしい風景」

写真集は他に
梅佳代「うめっぷ」
鋤田正義の「YELLOW MAGIC ORCHESTRA × SUKITA」
電子顕微鏡写真集「ナノ・スケール生物の世界」

マンガも注文。
谷口ジロー「歩く人PLUS」
諸星大二郎「栞と紙魚子の生首事件」

理論社の「よりみちパン・セ」は中学生向けと言われてるけど、
分かりやすく説明することは大事なことなので、好きなシリーズ。
みうらじゅん、小熊英二、叶恭子、伏見憲明、徳永進、の5冊を購入。

やはり物理の先生が分かりやすいエッセイを書いていると言うことで、
須藤靖「人生一般二相対論」
建築家の谷尻誠さんが、学生向けにレクチャーしてくれたときにお薦めしていた本で、
建築もこうやって考えていきたいということを話していた。
「はじめて考えるときのように」

実はまだ去年買った本も残ってるし、
親父の本棚から持ってきた本にも興味があって、
いつになるか分からないけど、ごちゃごちゃと混ぜながら楽しんでいくつもり。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

イタリアの写真整理 高安 重一 - 建築家(2011/05/23 10:47)

ローライフレックス3.5F 佐藤 宏尚 - 建築家(2007/07/17 01:21)

Spazio Biancoが持つ世界観のはじまりです! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2014/05/28 12:00)

お祝いランチ♪ 清水 まいこ - ピラティスインストラクター(2013/10/05 14:23)